【2023年最新版】TikTok広告の特徴やメリット・デメリット・種類・成果を出すコツを解説

TikTok
TikTok広告の特徴とは? メリットデメリット・種類や成果を出すコツも解説

近年急激な勢いで成長しているTikTokですが、コンテンツの投稿や視聴を楽しむだけではなく、広告出稿もできます。そのため、ビジネスに活用することも可能です。

しかし、TikTok広告がどのようなものであるのかがわからないと、運用したいとは思えませんよね。

 

そこでこの記事では、以下の内容について解説します!

・TikTok広告の特徴
・TikTok広告のメリット・デメリット
・TikTok広告の種類
・TikTok広告で成果を出すコツ

 

最後までご覧いただくことで、TikTok広告の全容がわかり、かつ自社にとって有効な広告手段であるか検討できるようになります。

 

TikTok広告の3つの特徴

TikTok広告の特徴は、以下の3つです。

1.UGCによる拡散効果がある
2.広告自体をコンテンツ化できる
3.他のSNSとの相性が良い

 

では、それぞれについて解説します。

 

1.UGCによる拡散効果がある

UGCとは「User Generated Content」のことで、ユーザー自身が生み出すコンテンツのことを指します。例えば後述する「ハッシュタグ広告」の場合、自社が設定したハッシュタグを使って多くのユーザーが投稿をすることで、自社の認知度を拡大できます。このように自社のブランド力だけではなく、ユーザーの持つ影響力を活かせる点がポイントです。

2.広告自体をコンテンツ化できる

TikTok広告では、広告動画自体にいいねやコメントがついたり、他のSNSにシェアされたりします。そのため、広告自体の質が高ければ優良なコンテンツと見なされ、より多くのユーザーに届けられます。また、普通の投稿と見た目が変わらないため、広告らしさがあまり感じられないことも特徴です。

3.他のSNSとの相性が良い

TikTok広告は、他のSNSを使って横展開ができます。例えば、TikTok広告として作った動画をそのままInstagramのリール(Instagramのショート動画機能)やYouTube動画に転載することなどが可能です。したがって、より少ない労力でより多くのユーザーにアプローチできます。

TikTok広告の5つのメリット

TikTok広告の5つのメリット

TikTok広告のメリットは、以下の5つです。

 

1.狙うターゲット層に絞ってアプローチしやすい
2.フォロワーが少なくても多くのユーザーに届く可能性がある
3.さまざまな情報を詰め込めるため訴求力が高い
4.ユーザーに広告をしっかり見てもらいやすい
5.若年層を対象としたビジネスに向いている

 

では、それぞれについて解説します。

1.狙うターゲット層に絞ってアプローチしやすい

TikTok広告のターゲティングは、細かく設定できます。そのため、狙うターゲット層にのみ絞って広告を打つことができ、高いコストパフォーマンスが期待できます。具体的には、以下の設定項目が設けられています。

 

・基本情報 (性別/年齢/居住地域(都道府県単位)/言語)
・通信環境 (IOS/Androidなどの使用機種、Wi-Fiの使用有無
・興味関心 (スキンケアやゲーム、旅行などの15種類の興味関心ラベルに基づく情報)
・カスタマイズ (自社の顧客データと照らし合わせた高い精度のターゲティング)

2.フォロワーが少なくても多くのユーザーに届く可能性がある

TikTok広告は、アカウントのフォロワーが少なくても、バズる(急激に拡散される)ことによって多くのユーザーに届く可能性があります。なぜなら、TikTokの動画は、少なくとも200人前後のユーザーに見られるような仕様になっているためです。

もし最初にTikTok広告動画を見た200人前後の反応が良ければ(いいねが多い、視聴維持率が高いなど)、TikTokから良い動画だと判断され、より多くのユーザーに視聴されます。そしてそこでも良い評価が得られれば、さらに他のユーザーに届けられるという仕組みになっています。

3.さまざまな情報を詰め込めるため訴求力が高い

動画は、文字の約5000倍の伝達力があると言われています。そのため、ユーザーに対して商品やサービスの魅力を持て余すことなく伝えられるようになります。特に商品の使い方や、美容品使用後のビフォーアフターなどは、文字よりも動画の方が圧倒的に魅力が伝わりやすいです。

4.ユーザーに広告をしっかり見てもらいやすい

TikTok広告は、広告ではない動画とあまり変わらないかたちで表示されます。そのため、広告動画が飛ばされる可能性が比較的低いです。また、動画はフルアテンション(一つのものに集中すること)状態で見られることが多いため、より広告動画の内容をしっかりと理解してもらいやすくなります。

5.若年層を対象としたビジネスに向いている

TikTokユーザーの年齢別比率は、以下のとおりです。

・18〜24歳: 43.7%
25〜34歳: 31.9%
35〜44歳: 13%
45〜54歳: 6.4%
55歳以上: 3.4%

参考:2022年版:TikTokのマーケティングに欠かせない統計データ15選

 

つまり、34歳以下のユーザーが約75%を占めます。そのため若年層を対象としたビジネスを行っている場合は、TikTok広告によってより多くのユーザーに興味を持たれやすくなり、CVにもつながる可能性もあります。

 

TikTok広告の2つのデメリット

TikTok広告の3つのデメリット

TikTok広告のデメリットは、以下の2つです。

1.CVにはつながりにくい
2.後から修正ができない

では、それぞれについて解説します。

1.CVにはつながりにくい

TikTok広告はプッシュ型の広告施策のため、プル型の広告施策であるリスティング広告と比べるとCVに繋がりにくいと言えます。

なぜなら、プル型の広告施策であるリスティング広告でアプローチできるユーザーは、能動的に検索エンジンを利用しているユーザーなので、「知りたい・買いたい」などのニーズが顕在化しており、CVに繋がりやすいと考えられますが、

プッシュ型施策のTikTok広告でアプローチできるユーザーは、スキマ時間におもしろい動画や自分の興味がある動画を見ているユーザーが多く、ニーズが顕在化していないためCVに繋がりにくいと言えます。

TikTok広告の役割を明確にしマーケティングの全体設計などを考えた上で広告配信を行うことが重要です。

 

2.後から修正ができない

TikTokに限らず動画全般に言えることなのですが、後から不備や改善点を見つけても修正しにくいことがデメリットと言えます。リンクの設置や価格の記載ミスなどの重大なミスがあった場合も同様です。したがってTikTok広告を出稿する前には、不備がないかしっかりとチェックし、なるべく100%に近い状態で出稿する必要があります。

 

TikTok広告の種類

 

TikTok広告の種類は、以下のとおりです。

1.リーチプロダクト
2.インフィード広告
3.ハッシュタグチャレンジ広告
4.ブランドエフェクト広告
5.ブランドオークション広告

では、それぞれについて解説します。

 

1.リーチプロダクト

認知目的の広告手法がいくつかございますので以下にご紹介します。

起動型広告

起動画面広告とは、TikTokアプリ起動時に表示される3秒の静止画広告、または5秒の無音動画広告のことです。起動画面広告のメリットは、TopViewよりも安価な広告費で多くのユーザーにリーチできる点です。

TopView

TopViewとは、TikTokアプリ起動時に表示される最長60秒の動画広告のことです。TopViewは起動画面広告と比較すると費用が高めですが、その代わり5秒程度では理解できないような商品やサービスの魅力を伝えるのに活用できます。

Brand Premium

Brand Premiumとはネイティブな動画広告です。多くの接点からユーザーとの相互関係性を深め、コンバージョンを強化します。最⼤60秒フルスクリーン動画、オリジナルスタイルのUIデザインを音声付きで自動再生。ランディングページ、アプリストアへの誘導にも適しています。

One Day Max

指定の1日に限り、ユーザーが初接触するインフィード広告。自然な形でコミュニケーションが取れるため、視聴とクリックの質が非常に高くなります。最大60秒のフルスクリーン動画を「おすすめ」フィード4post目に掲載します。

2.インフィード広告

インフィード広告とは、通常の投稿の間に表示される、最大60秒の広告動画のことです。他の投稿に混じって表示されるため広告っぽさが出にくく、ユーザーから飛ばされにくいです。また、通常の投稿と同様にいいねやコメントがたくさんつくことで、TikTokから質の高い動画だと認識されてバズる可能性もあります。

 

インフィード広告には、以下の種類があります。
※先程ご紹介したメニューも一部含みます。

・OneDayMax:レコメンド4枠目に1日独占して表示される広告
OneDayMax Plus:OneDayMaxの最大フリークエンシーを4回に拡張したもの
・Brand Premium:一定のインプレッションが保証されていて、かつ比較的安く導入できる広告
・Reach&Frequency:シミュレーションと出稿予約ができる予測型広告
・Spark Ads:ユーザーの投稿動画をそのまま表示できる広告

3.ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは、企業が設定したハッシュタグを使ってユーザーに動画を投稿してもらうタイプの広告のことです。ハッシュタグ広告はユーザーにとって参加ハードルが低く、さらにユーザーに一体感を楽しんでもらいやすいことから、拡散性が高いといえます。ただしターゲティングができない点、費用が比較的高額な点は要注意です。

4.ブランドエフェクト広告

ブランドエフェクト広告とは、企業が用意したエフェクトやフィルターをユーザーに利用させて、どのような変化を期待できるか体験してもらうタイプの広告です。例えばホワイトニングによってどのくらい歯が白くなるのか、どのような種類のマスカラが似合うのかなどを体験させられます。このようにサービスを疑似体験してもらうことで、CVにつながりやすくなります。

5.ブランドオークション広告

ブランドオークション広告とは、広告出稿後も予算やターゲティングなどを再設定できる広告のことです。

TikTok広告 ブランドオークション広告

引用:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5838/

 

 

ブランドオークション広告は、より高い費用を出せる広告から優先して表示されます。ブランドオークション広告には、2つの料金発生タイミングがあります。

・CPV(Cost Per View):動画の再生時間が2秒または6秒になったときに料金発生
・CPM(Cost Per Mille):インプレッション数が1,000回に達する度に料金発生

参考:【2022年版】TikTok広告の特徴と種類一覧&運用時の3つのポイント

TikTok広告で成果を出すための6つのコツ

TikTok広告で成果を出すためのコツは、以下の6つです。

 

1.動画の長さは15秒以内にする
2.最初の数秒でインパクトを与える
3.画面のサイズは16:9の縦長にする
4.デザインを大切にする
5.流行りのBGMを選ぶ
6.ユーザーが行動しやすいようにする

 

では、それぞれについて解説します。

 

1.動画の長さは15秒以内にする

TikTok広告の長さは、種類によっては最大60秒まで設定できますが、可能であれば15秒以内に収めましょう。なぜなら、そもそもTikTokが流行した理由に、動画が15秒以内で完結していたことがあるためです。もし多くのユーザーに広告を見てもらいたい場合は、必要な情報を凝縮して15秒以内に収めるのが望ましいです。

 

2.最初の数秒でインパクトを与える

TikTok広告は、最初の数秒でインパクトを与えられなければ飛ばされる可能性が高いです。実際にTikTok公式は、最初の3秒以内に商品紹介をしたかどうかでどのように購買率が変化するのかを調査しています。

 

・3秒内に商品を紹介しなかった場合:購入・利用意向9.5%
3秒内に商品を紹介した場合:購入・利用意向34%

参考:TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ 高い広告効果を生む、4つの法則とは!?

 

つまり、3秒以内に商品紹介をしたかどうかで、購入・利用意向に約3.5倍の差が出るのです。そのため、動画の最初の3秒以内には特に力を入れましょう。

 

3.画面のサイズは16:9の縦長にする

TikTok広告は、特に理由がなければ16:9の縦長サイズに設定しましょう。なぜなら、その方が画面を持て余すことなく利用でき、ユーザーに与えるインパクトが大きくなるためです。

実際にTikTok広告は、縦長にした方が効果が高いというデータが出ています。

 

広告認知 購入・利用意向
横長 18% 13%
縦長 63% 34%

参考:TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ 高い広告効果を生む、4つの法則とは!?

 

このデータからも縦長広告の方が効果が高いことは明らかであるため、やむを得ない事情がある場合を除き、縦長に設定するのがベストです。

 

4.デザインを大切にする

TikTok広告は、画面のデザインも疎かにしないようにしましょう。例えばテキストや外部ページへ遷移するアクションボタンがアイコンと被ってしまったり、デザインがダサいことが理由で飛ばされたりしてしまっては、機会損失につながってしまいます。したがって、広告動画が完成した後は、ユーザーにとっての使いやすさや見やすさに問題がないかチェックしましょう。

 

5.流行りのBGMを選ぶ

TikTok広告は、BGM選びも重要なポイントです。なぜなら、BGMによって広告の再生完了率が変わってくるためです。実際にTikTok公式は、BPM120以上の楽曲を設定することで再生完了率が向上することを示しています(参考:TikTok For Business初のクリエイティブリサーチ 高い広告効果を生む、4つの法則とは!?)。そのため、BGMはノリが良いものや流行っているものを選びましょう。

 

6.ユーザーが行動しやすいようにする

せっかくTikTok広告を視聴してもらえても、ユーザーがどのような行動をすべきかが明確にされていないと、CVにはつながりません。なぜなら、単純にユーザーにとっては何をすれば良いのかがわからないためです。実際に、問い合わせをしてもらいたい場合は「お問い合わせはこちら」と記載するだけでCV率は上がります。このような単純なことでも成果は変わってくるため、やらない手はないでしょう。

 

まとめ

TikTok広告は、拡散性の高さや訴求力の高さが魅力です。また、多くの種類の広告が用意されているため、自社の都合に合わせて適したものを選べます。もしTikTok広告に魅力を感じた場合は、ぜひ利用を検討してみてください。

 

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

norihisa kimura
この記事を書いたのは
kimura norihisa

デジタルマーケティング

Web広告代理店(東証二部)にて数十社以上のコンサルティングを経験。現在は上場企業を含む企業のマーケティングのコンサルティング業務を担当。マーケティング上流から広告運用などの実務部分まで得意とする。