【Google広告】P-MAXキャンペーンとは?メリット・注意点と設定方法を解説

Google広告
【Google広告】P-MAXキャンペーンとは?メリット・注意点と設定方法を解説

「P-MAXキャンペーンって聞いたことはあるけど、よくわからない」
「導入するメリットって何?」
「具体的な設定方法が知りたい」

 

このような悩みを抱えていませんか?

 

P-MAXキャンペーンとは、Googleのすべての配信面に広告を掲載でき、自動で広告配信の効果が最大化される、Google広告における新たな広告プロダクトです。

 

本記事ではP-MAXキャンペーンのメリットと注意点、設定方法を解説していきます。ぜひ本記事を参考に、P-MAXキャンペーンの運用を始めてみてください。

P-MAXキャンペーンとは

P-MAXキャンペーンの特徴について解説していきます。

Google広告の全ての配信面に掲載できる

P-MAXキャンペーンではGoogle検索結果やGmail、YouTubeなど、Googleの全ての配信面に掲載ができます。

 

従来のようにGoogle検索結果やディスプレイのみといったように、それぞれの配信面でキャンペーンを分けた運用をする必要がなくなりました。

機械学習によって広告配信が最適・自動化される

P-MAXキャンペーンでは「予算」「コンバージョン目標」「広告アセット」を設定すれば機械学習によって、広告配信を自動で最適化してくれます。

 

またP-MAXキャンペーンは自動でターゲティングを調整するため、従来のような運用担当者による入札調整は不要です。

P-MAXキャンペーンのメリット

次に、P-MAXキャンペーンを導入するメリットを3つ解説していきます。

自動化により広告運用の手間と時間を削減できる

従来のキャンペーンでは広告を配信する際、それぞれのキャンペーンごとに運用・管理をしなければなりませんでした。しかしP-MAXキャンペーンは、1つのキャンペーン内で自動化による広告運用ができる仕様です。

 

そのため運用担当者は、より広告クリエイティブやWebサイトの見直し、新たなマーケティング施策への取り組みに注力できます。

効率的にコンバージョンを増やせる

P-MAXキャンペーンは機械学習によって広告運用が最適化されるため、コンバージョン数の増加が期待できます。

 

Google 広告の自動化では、ビジネスを拡大するために機械学習を活用しています。予算やビジネス目標、測定するコンバージョンなどお客様独自の専門知識を追加することで、Google 広告の自動化機能によって目標に合う見込み顧客を見つけ、最適な広告を最適な入札単価で配信してキャンペーンの掲載結果を最大化できます。

                                        ”

Google広告ヘルプより抜粋

 

またキャンペーンの運用期間が長ければ長いほどデータが蓄積され、効率的にコンバージョンを獲得できるでしょう。

 

P-MAXキャンペーンによって、運用担当者の肌感覚や経験に頼らない、機械学習によるデータに基づいた効率的な運用が可能となります。

幅広いユーザーに広告を配信できる

P-MAXキャンペーンでは、これまでリーチできなかったユーザにも広告を配信できます。

 

ユーザーの意図と設定に関する Google のリアルタイムの情報と、オーディエンス シグナルを使用して入力された情報を組み合わせる P-MAX では、予想外の新規顧客セグメントが見つかることがあります。

                                        ”

Googleヘルプより抜粋

 

これまで幅広いユーザーにリーチしたい場合は、独立した複数のキャンペーンを管理する必要がありました。しかし、P-MAXキャンペーンを作成すれば、1つのキャンペーンで幅広いユーザーに広告を訴求できます。

 

P-MAXキャンペーンのデメリット

P-MAXキャンペーンにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

導入する前に確認しておきましょう。

細かな広告配信の調整・分析がしにくい

P-MAXキャンペーンは自動で広告配信を調整できる反面、手動で行える調整は多くありません。

手動で調整できる要素は「予算」と「クリエイティブ」の2つです。

 

機械学習で最適化された配信は、運用成果が下がった時の要因が分析しにくいといえます。

機械学習期間は成果に期待できない

P-MAXキャンペーンにおける機械学習は1〜2週間(Google広告のヘルプ)ほどかかるため、配信してすぐに運用の成果が出るわけではありません。

 

また学習期間における予算が少額すぎると、成果が出にくくなる可能性があります。

一定の学習期間を経ても成果が出ない場合は、キャンペーンの予算を増額して運用しましょう。

クリエイティブを用意する必要がある

人の手による設定が少ないP-MAXキャンペーンですが、画像や動画といったクリエイティブを作成しなくてはなりません。

 

ディスプレイやファインド広告をすでに作成している場合はリサイズのみで流用ができます。

しかし、一からクリエイティブを準備する際は労力と手間がかかります。

 

またクリエイティブは運用効果を高めるために、定期的なブラッシュアップも必要不可欠となり、管理の工数がかかる点はデメリットです。

P-MAXキャンペーンの設定方法

次にP-MAXキャンペーンの設定方法を解説していきます。

 

まずは他キャンペーン作成時と同様、管理画面上の【+新しいキャンペーンを作成】をクリックします。

キャンペーンの作成

次にキャンペーン目標を選択します。

P-MAXで選択できるものは、下記の項目です。

・販売促進
・見込み客の獲得
・ウェブサイトのトラフィック
・来店数と店舗売上の向上
・目標を指定せずにキャンペーンを作成する

P-MAXキャンペーンの設定方法

運用目的に合う目標を選択してください。

当てはまるものがなければ「目標を指定せずにキャンペーンを作成する」を選択すれば問題ありません。

 

次にキャンペーンタイプの選択画面で「P-MAX」を選択してください。

P-MAXキャンペーンの設定方法

次に目標コンバージョンを設定します。

すでにアカウントで設定したものが表示されるため、必要に応じて削除します。

問題なければ【続行】をクリック。

P-MAXキャンペーンの設定方法

次にキャンペーン名を決めて【続行】をクリックします。

P-MAXキャンペーンの設定方法

予算と入札単価

次に予算と入札単価を決めていきます。

P-MAXキャンペーンの設定方法

①1日あたりの平均予算の設定

②入札戦略の設定

 「コンバージョン」か「コンバージョン値(ROAS)」のどちらかを重視するのか設定します。

③「目標コンバージョン単価」もしくは「目標広告費用対効果(ROAS)」の設定(任意)

 目標のコンバージョン単価もしくはROAS内で運用したい場合は、設定することをおすすめします。

設定しなかった場合は、予算の範囲内でコンバージョンを最大化する配信となります。

配信地域と言語

次に配信対象に合わせて「地域」と「言語」を設定します。

日本を対象とする場合は「日本」と「日本語」で問題ありません。

P-MAXキャンペーンの設定方法

最終ページURLの拡張

 

これをオンにすると、Googleがコンバージョンを見込めると最適化によって判断した際に、設定したリンク先URLが自動で同一ドメイン内の他のURLに変更される可能性があります。

P-MAXキャンペーンの設定方法

オンにすると意図しないページにリンク先URLが変更される可能性があるため、最初はオフにすることをおすすめします。

 

URLの除外

最終ページURLの拡張をオンにした場合でも、配信したくない特定のURLや独自のルールを設けたURLを除外することができます。

P-MAXキャンペーンの設定方法

その他の設定

特定の曜日や時間帯にのみ配信したい場合やトラッキングURLの設定をしたい場合は任意で設定できます。

P-MAXキャンペーンの設定方法

アセットグループ

次に配信用のクリエイティブとなるアセットを設定していきます。

P-MAXキャンペーンの設定方法

各アセットの仕様は下記のとおりです。

 

アセットの種類 上限登録数 条件
最終URL 1
画像 20 最大サイズ5MB

横長:幅1200px*高さ628px

最小サイズ幅600px*高さ314

スクエア:幅1200px*高さ1200px

最小サイズ幅300px*高さ300px

縦長:幅960px*高さ1200px

最小サイズ幅480px*高さ600px

ロゴ 5 最大サイズ5MB

スクエア:幅1,200px*高さ1,200px

最小サイズ幅128px*高さ128px

横長:幅1200px*高さ300px

最小サイズ幅512px*高さ128px

動画 5 連携したYouTubeチャンネルにアップした動画を使用
広告見出し 5 半角30文字以下(全角15文字)
長い広告見出し 5 半角90文字以下(全角45文字)
説明文 5 半角60文字以下(全角30文字)×1

半角90文字以下(全角45文字)×4

会社名 1 半角25文字以下(全角12文字)
行動を促すフレーズ 1 デフォルトの候補から選択
その他のオプション 2 表示URLのパス設定

半角15文字(全角7文字)

 

次にオーディエンスシグナルを設定します。
オーディエンスシグナルとは、コンバージョンに繋がる可能性の高いターゲット情報のことです。

P-MAXキャンペーンは、設定したオーディエンスに優先して広告配信を行います。

P-MAXキャンペーンの設定方法

オーディエンスシグナルの設定は任意ですが、運用の最適化につながるため、設定することをおすすめします。

ただ、設定したオーディエンスにターゲティングできるのではなく、あくまで機械学習の補助として最適化に活用される点には注意してください。

P-MAXキャンペーンの注意点

次にP-MAXキャンペーンにおける注意点を解説していきます。

除外キーワードは管理画面上では設定できない

P-MAXキャンペーンは検索連動型広告と異なり、除外キーワードを管理画面から設定することができません。除外設定をする場合は、Googleの担当者に直接依頼をする必要があります。

 

配信効果の改善にはアセットの変更が必要

P-MAXキャンペーンの配信効果を高めるためには、運用担当者によるアセットの変更が必須です。

 

各アセットのパフォーマンスは「低」「良好」「最良」の 3段階で表示されます。

定期的に各アセットのパフォーマンスを確認し、「低」が表示されている場合は優先して変更しましょう。

動画を用意しないと画像から自動生成される可能性がある

P-MAXキャンペーンではアセットに動画を入稿しなくても配信ができます。しかしこの場合では、入稿した画像とテキストを用いた動画が自動生成されて配信される可能性があります。

 

自動生成される動画の質が担保できず、運用効果を下げる可能性がある場合は、オリジナル動画を作成して入稿すべきでしょう。

 

なお、2022年11月時点では「動画を自動生成しない」という設定はできません。

まとめ

P-MAXキャンペーンは機械学習によって運用を自動化できる、Google広告における新たなキャンペーンです。P-MAXキャンペーンを活用すれば、これまで手動で行っていた運用の労力と時間が省け、新たなマーケティング施策などに注力できるようになります。

 

機械学習による自動化のデメリットを理解し、既存キャンペーンと並行して運用することで運用効果を高められるでしょう。ぜひ本記事を参考にP-MAXキャンペーンを取り入れてみてください。

 

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

norihisa kimura
この記事を書いたのは
kimura norihisa

デジタルマーケティング

Web広告代理店(東証二部)にて数十社以上のコンサルティングを経験。現在は上場企業を含む企業のマーケティングのコンサルティング業務を担当。マーケティング上流から広告運用などの実務部分まで得意とする。