マッチタイプとは?

リスティング広告
リスティング広告マッチタイプとは

はじめに

リスティング広告の入稿、運用をやったことのある人であれば「完全一致」だとか「フレーズ一致」という言葉を聞いたことがあると思います。

ですが、それぞれの意味を正しく覚えているかといわれるとちょっと怪しいという人もいるかと思います。

なので、今回はリスティング広告で使われる「マッチタイプ」について解説をしたいと思います!

マッチタイプとは?

マッチタイプというのはリスティングを出稿したキーワードとユーザーが検索したキーワードとの一致度合いを指定する設定のことで「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3つがあります。

過去には、絞り込み部分一致というのがありましたが今は廃止されています。

 

少し分かりずらいかと思いますのでGoogleのヘルプページにある画像を引用しながら説明をしようと思います。

マッチタイプとは?1

この図が示すように「完全一致」が最も一致度が高く、「フレーズ一致」「部分一致」の順に一致度が低くなります。

完全一致

マッチタイプとは?2

画像の通りで「完全一致」はほとんど入稿したキーワード通りの検索ワードでしか広告は表示されません。

よって、指名検索(企業名や商品名の検索)や特定の検索ワードでだけクリック単価を調節したい時などに使われます。

フレーズ一致

「フレーズ一致」は入稿したキーワードと検索ワードが多少違っていても広告が表示されます。

入稿するキーワードと一緒に検索される検索ワードがわからない場合や、入稿したキーワードより少し表示される範囲を拡張したい場合に使います。

部分一致

マッチタイプとは?4

「部分一致」は入稿したキーワードと意味さえ近ければ、文字がほとんど違っていても広告が表示されます。

広告表示がかなり増える設定なので入稿するキーワードと近い意味の言葉が分からない場合や、入稿するキーワードの月間検索数が少ない場合に使います。

コンバージョンやサイトへの流入に繋がらない検索ワードでも広告が出ることが多々あるので、こまめに表示された検索ワードをチェックして除外設定を行いましょう。

Googleでの入稿

Googleでは入稿するキーワードを[]や“”ではさむことでマッチタイプの設定をします。

 

完全一致ワードは半角の[ ]

フレーズ一致は半角の” ”(引用符で変換できます)

部分一致はキーワードそのまま

 

「シューズ 通販」を入稿する場合

 

・完全一致

[シューズ 通販]

 

・フレーズ一致

 “シューズ 通販”

 

・部分一致

シューズ 通販

Yahooでの入稿

Yahooではマッチタイプを指定する設定方法と、キーワードごとにマッチタイプを入力する設定方法があります。

マッチタイプとは?5

マッチタイプを指定する設定方法では画像右下の位置の「マッチタイプの設定」をクリックしてマッチタイプを選択します。

マッチタイプとは?6

キーワードごとにマッチタイプを入力する設定方法では以下の画像のように書き込むことでマッチタイプを指定します。

マッチタイプとは?7

注意点

マッチタイプの設定では注意点がいくつかあります。

・キーワードの一致度合いが低い設定ほど、サイトと関係のない検索ワードでの広告表示が増える

・除外設定もマッチタイプの指定が必要

絞り込み部分一致というのがあったが今は廃止されている

という3点が注意点になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マッチタイプの設定を忘れていると、キーワードすべてが部分一致で入稿されてる!なんてことにもなりかねないので、リスティング広告入稿の際には再度確認をしてみてはいかがでしょうか!

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

keita masuda
この記事を書いたのは
masuda keita

マーケティング

GoogleYahoo!やSNS広告の広告運用が専門分野。アパレルECや食品EC・BtoBまで幅広い広告運用実績を持つ。Apexでは上位3%の実力を持つ。