不用品回収で集客するためのSEO対策のポイントを徹底解説

不用品回収業界での競争が激化する中、効果的な集客方法として注目されているのがSEO(検索エンジン最適化)です。

SEOを活用することで、広告費を削減しつつ持続的な集客を実現することができます。

 

この記事では、不用品回収業におけるSEOの主要なメリットについて詳しく解説します。これらのメリットを理解し、実践することで、ビジネスの成長を加速させましょう。

SEOとは?不用品回収でSEOをする3つのメリット

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

自社のWebサイトを検索エンジンで上位表示させることで、検索からのサイト流入を増やす施策です。

SEO施策を行うことで、集客に様々なメリットがあります。以下では、不用品回収業における3つの代表的なSEOのメリットを説明します。

集客にWEB広告費がかからなくなる・安くなる

通常アクセスの少ないサイトでは、広告費を払って集客を行います。

検索でも広告枠があり、特定のキーワードを検索した際、検索上位に自社のサイトを掲載することができます。

 

キーワードにもよりますが、通常のユーザーは、検索した際に広告・非広告かかわらず5%以上が一番上に掲載されているサイトを見るという傾向があります。そして、掲載順位が下になるほど、クリック率は下がり、10番目以下になるとほとんどアクセスはなくなります。

 

つまり、上位掲載すればするほどアクセスは集まりやすく、その上位表示の枠をお金を払って掲載することができますが、SEOで上位表示するということは、その広告費用を払う必要がないということです。

 

「不用品回収+地域名(新宿など)」のキーワードで毎月10万円という広告費を払っていたとしたら、年間で120万円になりますが、このキーワードのSEOで上位表示し続けられれば、まったく広告費をかけることなくアクセスを集めることができます。

 

また、検索広告の戦略においても、SEOで集客できているからこそ、SEOで上位表示できていないキーワードにだけ広告を出すという戦略も取れます。そうすると、SEOでの上位表示キーワードが多くなればなるほど、広告費を削減することができます。

継続性がある

SEO施策での順位は一度上位表示をすれば、新たな競合が現れるか、検索アルゴリズムの変更などの要因がない限り、長期的に上位表示をし続けることができます。

 

また、順位が下がってきたとしても、リライトや内部リンクを増やすなどの簡単なテコ入れで再び上位表示をしやすくなるため、メンテナンスも1からコンテンツを作るよりは少ない工数で行うことができます。

信頼性が向上する

上記では広告・非広告を含めて上位に表示されるサイトを見る人が5%以上いるという記載をしましたが、逆も然りで、広告にストレスを感じたり絶対にクリックしたくないという人はそれ以上の数がいます。7割以上の人が広告は無視するというデータもあるほどです。

 

検索広告にも小さく「広告」と表示されており、広告だからという理由でまったく目を通さず、自然検索での1位表示から目を通していくという人は多いです。

そのため、検索結果の上位に表示されるサイトは、ユーザーから信頼されやすい傾向があります。

 

また、多くのユーザーは、Googleが信頼できるサイトを上位に表示していると考えるため、上位表示されているサイトに対して自然と信頼感を抱きます。

高いROI(投資対効果)が実現できる

SEOは高いROI(投資対効果)を実現できる効果的なマーケティング手法です。これは、上記にも記載した通り、一度SEO施策を行って自然検索での上位表示を獲得すれば、SEOは継続性が高いため、以降は追加コストを抑えながら長期的に集客を行って投資回収ができるためです。

 

例えば、広告で毎月10万円を支払って100ユーザーを獲得していたとして年間で120万円。これは広告で掲載を買っている以上、2年目も3年目も獲得効率が変わることはあっても、基本的な掲載コストが変わることはありません。

 

SEO施策で100万円を支払って増えたアクセスで毎月100ユーザーを獲得できるようになったとして、1年目のコストは100万円で少し効率が良い程度ですが、2年目、3年目と時間がたつにつれてROIは高くなっていきます。

多少コンテンツのメンテナンスは必要ですが、追加コストが少なく運用し続けることができるためです。

不用品回収で実施すべきSEO対策について

基本的なSEOの考え方と不用品回収でやっておきたいSEO対策について解説します。

 

重要なのは、顕在層が求めている情報を提供しつつ、潜在顧客に役立つ情報を提供することに重点を置くことです。質の高いコンテンツを継続的に作成し、権威を築くことで、時間の経過とともにランキングが向上します。そのための具体的な3つのSEO施策について解説します。

内部SEOとは?やっておきたい施策3選

内部SEOは、ウェブサイトの構造や内容を最適化して検索エンジンからの評価を高める重要な施策です。

 

検索順位を上げるためには、どうすればいいのか。Googleによれば、ユーザーが使いやすいサイト、権威や信頼が示せているサイトを上位に持ってくると公言しています。そのためにやっておきたい基本的な内部SEO施策を3つご紹介します。

内部リンクの最適化

内部リンクとは、同じドメイン内(サイト内)でのリンクのことです。

例えば、記事の中に料金について触れている部分があったとして「不用品回収の料金一覧はこちらです」と料金表のリンクがあったほうがユーザーにとっても便利です。こういった内部リンクでコンテンツとコンテンツの関係性を示すことで、各ページの重要性や権威性を高めることができます。

 

重要なコンテンツを作っても検索順位が上がらない場合は、関連するページから内部リンクを増やすなどしてみましょう。

モバイルフレンドリーなサイトの作成

近年重要視されるようになったのが、モバイル(スマートフォン)向けのサイト構造です。

モバイルではレスポンシブデザインという横幅が可変のデザインが読みやすいとされており、回線速度もPCと比べて遅いことがあるため、なるべく読み込みが軽くて表示スピードが速いサイトが良いとされています。

 

表示速度が遅くなる理由は、余計なスクリプトの起動や画像が容量の重い画像形式(PNGなど)で設定されていることなどが挙げられます。

PageSpeed InsightsというGoogleが提供するチェックツールで問題点を確認できますので、参考にしてみてください。

タイトルや見出しの改善と滞在時間を増やすこと

近年、Googleでは表示されたタイトルのクリック率やユーザーの滞在時間を見ていることがアルゴリズム内容の流出によって明らかになりました。

 

今のクリック率よりも高くなるように改善すれば、上位表示される可能性が高くなります。また、検索画面で表示されるのはタイトルだけでなく、ディスクリプションも表示されます。この2点を改善することで順位が上昇していきます。滞在時間も見られている指標のひとつです。

 

ユーザーを引き付ける導入の文章や、見出しの改善などで読みやすい構成にすることでサイト内滞在時間が増えると順位も上がりやすくなります。

外部SEOとは?外部リンクを積み重ねるには

外部SEOとは外部リンク(被リンク)をもらうことです。外部リンクとは内部リンクと違い、同じドメインではないサイトからリンクをもらうことです。

10年以上前は、この外部リンクのSEOにおける評価がかなり高く、SEO対策といえば外部リンクを増やすことでした。

今は外部リンクの評価は当時よりは下がっていますが、それでもまだ重要な指標とされています。

 

昔は、ドメインレベルが高い巨大サイトからリンクをもらうことが大事とされていましたが、今では関連性の高いリンクを貰うことが重要とされています。

関連性の高いサイトや個人ブログなどから紹介や評判ということでリンクを集めていくと、次第にドメインのランクが上がっていき、検索順位が上がっていきます。

 

外部リンクを積み重ねる方法はいくつかあります。ビジネスパートナーやサプライヤー、顧客との関係を活用してリンクを依頼する方法、人気の高いコンテンツをさらに充実させたコンテンツを作成し、それをプロモーションすることで他のサイトからのリンクを引き付ける方法などがあります。

コンテンツSEOで集客幅を広く

コンテンツSEOは、ユーザーにとって価値のある高品質なコンテンツを作成・最適化することで、検索エンジンでの順位向上と有機的なトラフィック獲得を目指す手法です。

対応エリアや料金表や問い合わせ、会社概要といったコンテンツを充実させていっても、SEOで獲得できるキーワードは顕在層の「不用品回収+地域名」とその周辺の小さなキーワードだけになります。

 

しかし、顕在層だけでなく、顧客になる可能性を秘めた潜在層がいるキーワードも実はたくさんあります。例えば「地域名+ゴミ 捨て方」や「地域名+粗大ごみ」といったキーワードです。

 

これらを検索するユーザーは、地域によってゴミの捨て方が違うので、「自分の地域の場合は粗大ごみってどうやって捨てれば良いんだろう」という疑問を持って検索をします。

そこで、大型ごみの捨て方をまとめたコンテンツを上位表示させておき、そこには「いくつかの粗大ごみの処分の仕方」として、一般粗大ごみでゴミ処理券を購入して捨てる方法や、自分でゴミ処理場に持ち込む方法などをまとめておきます。

 

そして、時間的に急いでいる人は他の方法よりも少しお金がかかりますが、不用品回収という方法もあるということで、自社のサービスを紹介したり、買い取りもできるということを訴求して潜在層から問い合わせや見積もりを獲得することができます。

ユーザーニーズに合わせた充実したサイトコンテンツの作成が重要

充実したサイトコンテンツの作成は、ユーザーニーズに応えるために非常に重要です。上記でも紹介した通り、SEOではユーザーのニーズ、興味、問題点に直接触れるようなコンテンツは、ユーザーのサイト内の回遊率、滞在時間、クリック率を高め、ユーザーの信頼性を得ることができ、結果としてそれらがサイトの権威に繋がります。

 

では、不用品回収において圧倒的にユーザーが気にしていることとは何でしょうか。それは「料金」です。

 

「不用品回収+地域+〇〇」といった「不用品回収+地域名」と一緒に調べられることが多いキーワードのサジェストで「料金」「格安」「安い」といった出現率がどの地域でも高いためです。つまり、ユーザーが求めているのは「安い不用品回収業者」のため、それに即したサイトの権威性はどんどん高くなっていきます。

 

具体的には、料金体系をわかりやすくすることであったり、他の会社と比べて安いという表現ができるようにしておいたり、他の会社に料金で負けていても、サービス面でそれを補填することや、一旦他に安い会社があればそこより安くできるかもしれないので、ご相談くださいといった感じにしたりなど、ユーザーが料金を見て期待できるようなコンテンツにしていくことが重要です。

不用品回収のSEOでターゲットにするべきキーワードについて

不用品回収のSEOを行う時に、どんなキーワードを狙いに行けばいいのかを解説していきます。

不用品回収は地域密着型のキーワードが重要

不用品回収業は地域密着型のサービスになります。つまり、ユーザーは「不用品回収+地域名」などを一緒に検索したりします。

 

また、ローカル検索といって「不用品回収」とだけ検索したとしても、スマートフォンの位置情報がONになっていたり、ブラウザ情報に自分の住所が紐づいていれば、検索上位には自然と自分の地域で展開している不用品回収業者のサイトが上位表示されたり、それに即したサービスが表示されます。そのためにも、自社のサイトタイトルには「【激安・即日対応】〇〇(地域名)の不用品回収・粗大ごみ処分業者は〇〇」といった必ず地域名を入れておいたり、MEO対策を同時に行う必要があります。

不用品回収で上位表示を狙いたいキーワード

前述でもお伝えした通り、不用品回収で重要なキーワードは地域名です。

 

そして、不用品回収業者を利用する人は、不用品を「すぐに」「安く」処分したいという人たちです。つまり、ユーザーニーズとしては「料金」や「即日」といったキーワードを一緒に獲得していくことが、最も利益に直結する顕在層獲得において重要になります。

 

また、潜在層を獲得していくための重要なキーワードは、「地域名」や「商品名」で検索ボリュームが多い順にコンテンツを作っていくことです。例えば、商品名だと「エアコン」の処分の仕方や「植木や庭木」「石膏ボード」の処分の仕方などのコンテンツを地域に合わせて作成していくことで、潜在層を集客することができます。

集客はSEOだけじゃない。SEO以外のおすすめの集客方法

SEO以外の集客方法について解説していきます。組み合わせることで集客力は何倍にもなるので、一緒に行いましょう。

MEO対策

MEO(マップエンジン最適化)対策は、Googleマップやその他の地図検索エンジンでのビジネスの可視性を高めるための施策です。MEO対策を行うことで、Googleマップやローカル検索結果での上位表示が可能になります。これにより、地域内でビジネスを探しているユーザーに対して、より目立つ位置に表示されるため、集客効果が高まります。

 

また、Googleビジネスプロフィールを最適化し、正確で最新の情報を提供することで、ユーザーからの信頼性が向上します。特に重要なのが、口コミ評価です。これらの管理を行うことで、ビジネスの信頼性や権威を高めることができます。まずはGoogleビジネスプロフィールに登録して必要情報を記入するところから始めましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告です。例えば「不用品回収 東京」というキーワードでSEOでは全く上位表示できていなくても、リスティング広告を行うことで上位表示が可能になります。

 

広告枠は、自然検索のコンテンツの真上に2~3個差し込まれるため、自然検索よりも目につきやすく、上位表示しているのと同じ効果を得ることができます。

まとめ

不用品回収でのSEOは、内部SEO・外部SEO・コンテンツSEOを駆使し、ユーザーの求める料金や即日という部分でユーザーの求めるサービスの需要を満たしていくことが重要になってきます。

 

今回紹介したSEOのポイントやキーワードの選び方以外にも、弊社では、数々のお客様を担当してきて効果のあった施策事例があります。SEOはROI(投資対効果)の高い施策です。早い段階で始めることで、翌年・翌々年とROIは高まっていきます。不用品回収に限らず集客にSEOを考えている方は、ぜひ専門家である我々にご相談ください。

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

Zokujin 編集部
この記事を書いたのは
Zokujin 編集部

デジタルマーケティングで役に立つ情報をわかりやすく伝えるコラム。 Zokujinコラムの編集部
     
※音声が出ます
     お得な情報を受け取る!