【2024年最新】害獣駆除業でおすすめのWeb集客手法|具体的なコツもご紹介

マーケティング
害獣駆除業でおすすめのWeb集客手法具体的なコツも紹介

こんにちは。今回は、害獣駆除業のWeb集客手法のおすすめを4つと具体的なコツをご紹介します!

 

害獣駆除業は生き物を駆除するサービスなのでサービスの質を求められます。その反面価格が安いことも求められるため以下に集客コストを落とし、ユーザーへの提供価格を抑えられるかという点も重要な要素の一つであると考えられます。

 

本記事ではおすすめのWeb集客手法を具体的なコツも含めてご紹介しておりますので参考になれば幸いです。

おすすめ手法 ①リスティング広告

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に表示される広告のことを指します。キーワードの設定が可能で、効率的に広告を展開できるため、デジタルマーケティングにおいて定番の手法です。

 

課金形式はクリック課金であるため、無駄な費用が発生しにくく、運用の調整が容易である点が特徴です。

リスティング広告のメリットとデメリット

メリット1 検索しているユーザーにアプローチできるから短期的に成果が出やすい

リスティング広告は、何かを探しているユーザーに探してるそのタイミングでアプローチできるため、他の集客手法よりも特に成果が出やすい施策です。さらに、広告を表示させるキーワードを絞り込むことで無駄な広告配信を避けることができ、費用対効果も高くなります。

例えば、「害獣駆除業者 新宿」と検索しているユーザーは、新宿で害獣駆除業者を探していると考えられます。このユーザーに広告を表示できれば、電話の問い合わせが増える可能性が高いでしょう。

このように、リスティング広告はユーザーが自ら検索している時に広告を表示できるため、効果的な集客手段とされています。

 

メリット2 広告配信後に細かい調整が可能なため、コストパフォーマンスが向上します。

リスティング広告では、看板広告とは違い、広告配信後にキーワードごとの予算配分や広告文の修正、ランディングページの最適化など、詳細な運用調整が可能です。その結果、パフォーマンスの良い部分に投資することで、費用対効果がどんどん向上していきます。

デメリット1 設定方法や運用方法を習得する必要があります。

リスティング広告を初めて利用する方にとっては、設定や運用方法を学ぶのが難しく、手間がかかることがあります。そのため、リスティング広告の設定や運用調整を行うためには、一定の時間と労力を費やす必要があり、これがデメリットとなることがあります。

デメリット2 クリック単価が高騰することがある

特に害獣駆除業界では、リスティング広告の効果が高いため競合が多く、クリック単価が上昇することがあります。これは、リスティング広告がオークション形式でクリック単価を決定するためです。競争の激しいキーワードは高額で入札される傾向があるため、クリック単価が高くなる可能性があります。

 

害獣駆除業界でのリスティング広告では、クリック単価を抑える工夫や、問い合わせ率や電話問い合わせ率を向上させることが重要となります。

害獣駆除業のリスティング広告のコツ4選

コツ1 キーワード単位で入電の計測をする

費用対効果の高いキーワードに予算を集中させるために、キーワードごとに入電計測を行うことが重要です。これにより、どのキーワードが問い合わせに結びつきやすく、費用対効果が高いかを正確に把握できます。入電計測には専用のツールが必要ですが、そのコストを懸念する企業もあります。そうした場合には、電話ボタンをタップした時点でCVとカウントする方法もありますが、実際には電話が繋がらないことが多いため、正確な計測にはならないことがあります。

 

正確な費用対効果を把握し、予算を効果的なキーワードに振り分け、効果の低いキーワードでの広告配信を停止することで、無駄な広告費を削減し、全体のパフォーマンスを最大化しましょう。

コツ2 地域挿入機能{LOCATION}を使う

リスティング広告には、設定したキーワードを検索したユーザーの位置情報に基づいて広告文の一部を変更する地域挿入機能{LOCATION}があります。

この機能を活用することで、クリック率が向上し、クリック単価が下がることが多いです。

 

例えば、新宿で「害獣駆除業」を検索するユーザーには「新宿区の害獣駆除業なら〇〇」、港区で検索するユーザーには「港区の害獣駆除業なら〇〇」といった広告文が表示されます。

 

これにより、ユーザーの関心に合った広告が配信され、クリック率が高まります。この機能を積極的に活用することをお勧めします。

コツ3 集客したい案件に合わせたキーワード設計をする

ネズミ、ハクビシン、アライグマなど、リスティング広告で集客したい案件の種類に応じてキーワードを設計しましょう。また、害獣駆除業のリスティング広告では何の害獣がいるかわからないユーザーが多いため、多様なキーワードでコンバージョンが取れることが多いため、部分一致キーワードの活用も効果的です。

コツ4  有効な問い合わせベースで予算配分を決める

害獣駆除業では、駆除する生き物の名前が複数存在するため、生き物や地域によって広告効果が大きく変わります。なので費用対効果の良いサービスに広告予算を多く投下しましょう。

 

当たり前ですが効果が良いところに予算を寄せたほうが費用対効果が良くなるからです。

しかし、害獣駆除業では電話での反響が多いため、有効な反響を正確に計測することが難しい業態です。例えば、リスティング広告の成果を電話ボタンのタップ数で計測することが一般的ですが、誤タップもカウントされてしまいます。これでは、広告管理画面でどのサービスのパフォーマンスが良いのか判断できず、最適な予算配分ができません。

こうした問題を避けるためには、電話タップ数や間違い電話を含む入電CVではなく、有効なCVがどこから来ているのかを正確に把握できる計測体制を整備する必要があります。これにより、最適な予算配分を行うことが可能になります。

弊社ではどこから有効なCVが来てるかがわかる「有効CVわかる君」も提供しております。

参考

新規でリスティング広告を始める際、設定方法がわからない場合は無料で相談できますので、お気軽にご連絡ください。また、現在代理店を利用している方で、上記のコツを取り入れていない場合は、今の代理店に改善を相談してみましょう。

 

改善が見込めない場合は、代理店の切り替えも検討する価値があります。弊社では無料でアカウント診断を行っておりますので、その診断を基に今の代理店に相談するのも良いでしょう。

おすすめ手法② リスティング広告のLP改善

リスティング広告のLP改善とは

LP(ランディングページ)の改善とは、一度作成したLPをそのまま使い続けるのではなく、継続的に改良を加えてより高い成果を追求することを指します。
※LPとは、リスティング広告をクリックしたユーザーが最初に訪れるウェブページのことです。

 

LP改善が必要な理由は、リスティング広告自体のパフォーマンスには限界があるためです。最終的にユーザーが到達するLPを改善することで、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。

 

具体的な改善例としては、LPのキャッチコピーのABテストや、ターゲットに応じて異なるLPを作成し、その効果を比較するABテストなどがあります。

リスティング広告のLP改善のメリットとデメリット

メリット1 CPA(顧客獲得単価)が安くなる

LP改善を行うことで、CPA(顧客獲得単価)が下がり、コスト効率が向上します。リスティング広告におけるCVR(コンバージョン率)を上げることができれば、CPAを大幅に削減することが可能です。これにより、広告費用をより効果的に使い、全体の広告パフォーマンスを向上させることができます。

メリット2 他施策にも流用できる

LP改善の結果、効果的なキャッチコピーやデザインが見つかった場合、それをチラシや他の広告媒体にも活用することができます。これにより、リスティング広告以外の施策のパフォーマンスも向上させることが可能です。効果的な要素を多角的に活用することで、全体のマーケティング戦略の効率を高めることができます。

デメリット1 費用と工数がかかる

LPの制作や修正には費用がかかります。また、LP改善の手法や進め方がわからない場合、工数もかかるため、短期的にはデメリットとなることがあります。

 

しかし、長期的に見れば、パフォーマンスを向上させるための必要な投資と考えられるため、最終的にはデメリットではないと言えるでしょう。

リスティング広告のLP改善のコツ

コツ1 ファーストビューが大事

ランディングページのファーストビュー(FV)は、訪問者がその下の内容を読むかどうかを決定する重要な要素です。ファーストビューには、ユーザーが求めている内容を提供している業者であることや、他社との違いが一目でわかることが重要です。

害獣駆除業の場合、テレビで詐欺被害などのニュースとして取り上げられていることもあり「この会社大丈夫かな?」と疑ってるユーザーが多いとも考えられます。

ファーストビューには実績や口コミなどの信頼感を醸成できる要素を掲載しましょう。

コツ2 信頼できる理由を入れる

コツ1でも紹介しましたが、害獣駆除業は特に信頼性が重視される業界です。ランディングページには、顧客の声、実績、許可証などの信頼性を示すコンテンツを追加しましょう

。Googleビジネスプロフィールの口コミをランディングページに掲載するのも効果的です。多くのユーザーがレビューを参考にするため、信頼性がさらに向上します

また、生き物を駆除するという業務内容なので実績も重要です。さらにはユーザーは、ちゃんと駆除してほしいのに価格面も重視されます。

質と費用どちらも求められるため自社の価格設定とその理由などユーザーが納得・信頼できるようにきちんと戦略性を持ったLPにしましょう。

コツ3 ページスピードを早くする

ウェブページの読み込み速度は、訪問者の離脱を防ぐために非常に重要です。ページの読み込みが遅いと、ユーザーは閲覧を諦めてしまうことがあります。特にモバイルユーザーは速度に敏感です。ページスピードの最適化はSEOの観点からも重要ですので、画像の最適化や不要なJavaScriptの削減を行い、ページの読み込み時間を短縮しましょう。

コツ4 スマホメインで考える

害獣駆除業者を探している多くのユーザーはスマートフォンを利用しています。そのため、ランディングページはスマートフォンでの表示に最適化されていることが非常に重要です。

ランディングページの制作作業は通常パソコンで行われますが、スマートフォンでの表示も十分に考慮する必要があります。レスポンシブデザインを採用し、スマホユーザーの操作性を向上させたランディングページを作成することで、効果を最大限に引き出すことができます。

これらのポイントを押さえることで、リスティング広告のランディングページを効果的に改善し、害獣駆除業における広告パフォーマンスを最大化することが可能になります。

参考

ランディングページに関する相談がある場合、個別相談で意見を出し合うことも可能です。お気軽にお問い合わせください。

おすすめ手法③SEO

SEOとは

SEO(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahooの検索結果でウェブサイトが上位に表示されるようにWebサイトを最適化する施策です。適切なSEO戦略を実施することで、ウェブサイトの訪問者数を増やし、より多くのユーザーにアプローチすることが可能になります。

検索エンジンのアルゴリズムに合わせてコンテンツや技術面を最適化することで、自然検索からのトラフィックを効果的に増加させることができます。

SEOのメリットとデメリット

メリット1 費用をかけずにWebサイトの訪問者数を増やすことができる

SEOの大きなメリットは、リスティング広告とは違いクリックごとに費用が発生しないため、一度上位に表示されると広告費なしでWebサイトの訪問者数を増やせる点です。

特に害獣駆除業のように新規顧客を継続的に獲得する必要があるビジネスモデルでは、費用をかけずに多くのユーザーをサイトに集められることは非常に有効です。

メリット2 広告とは異なり、サイトが長期的な資産となる

SEOは広告とは異なり、長期的な資産として機能しやすい施策です。広告は費用を支払わなくなるとサイト訪問者が減少しますが、SEOでは一度上位表示されると、継続的にコストなしで訪問者が増えるため、持続的なトラフィックが期待できます。

デメリット1 難易度の高い分野も存在する

競合他社も同様のキーワードで上位表示を狙っているため、検索結果の枠が限られている中で、競争の激しい分野では上位表示が難しくなります。例えば、今から飲食店のポータルサイトを立ち上げても、既に有名な競合が多数存在するため、上位表示が難しいかもしれません。

しかし、害獣駆除業界では「地域×害獣駆除」のようなキーワードを狙うと、競合が少なく、上位表示が比較的容易になる可能性があります。

デメリット2 順位が下がる可能性もある

検索エンジンのアルゴリズムは常に更新されており、年に2〜3回、大規模なアップデート(コアアルゴリズムアップデート)が行われます。このようなアップデートによって検索順位が低下することもあります。順位が下がった場合には、適切な対策を講じて再び上位表示を目指す必要があります。

SEOのコツ3選

コツ1 狙うキーワードを決める

害獣駆除業のSEO対策を成功させるためには、まず狙うキーワードを慎重に選定することが重要です。これはSEOの基盤となるステップであり、効果的な戦略を立てるために欠かせません。

 

まず、ターゲットとするキーワードをリサーチし、自社のサービスに最も関連性の高い言葉を見つけることから始めましょう。例えば、「害獣駆除」という広範なキーワードだけでなく、「地域名+害獣駆除」や「害獣駆除方法」「害獣駆除業者+市町村名」など、具体的でニッチなキーワードを狙うことで、競争を避け、ターゲットとなるユーザーに直接アプローチすることができます。

 

また、Googleキーワードプランナーや他のSEOツールを使用して、選定したキーワードの検索ボリュームや競合状況を確認しましょう。検索ボリュームが高すぎるキーワードは競争が激しいため、あまり効果が期待できない場合があります。

 

一方で、検索ボリュームが低すぎるキーワードは、十分なトラフィックを獲得できない可能性があります。適度な検索ボリュームを持ち、競合が比較的少ないキーワードを見つけることが理想的です。

 

さらに、ユーザーがどのような検索意図でキーワードを使用するのかを理解することも重要です。例えば、「即日対応 害獣駆除」などのキーワードは、緊急性が高いユーザーにアプローチするのに適しています。

 

このように、ユーザーのニーズや検索意図を反映したキーワードを選ぶことで、コンバージョン率を高めることができます。

 

狙うキーワードを決める段階は、SEO戦略全体の成功を左右する重要な要素です。時間をかけてリサーチし、最適なキーワードを見つけることで、害獣駆除業のウェブサイトを効果的に上位表示させ、ターゲットユーザーにリーチすることが可能になります。

 

コツ2 ページ内にユーザーが気になる内容を網羅的に入れる

ユーザーが害獣駆除に関して持つ疑問や悩みに答える内容をページ内に入れましょう。

 

サービスの詳細、料金体系、害獣駆除の流れ、よくある質問、口コミなど、ユーザーが求める情報を網羅的に提供することで、ページの滞在時間を延ばし、Googleやyahooなどの検索エンジンに価値あるWebサイトとして評価されやすくなります。

 

おすすめ手法④MEO

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)は、Googleの検索結果に表示されるGoogleマップ欄やGoogleマップ内での検索結果で上位に表示されるようにするための施策です。

 

例えば、「新宿 害獣駆除」と検索した際に表示されるGoogleマップの枠内に自社の情報を掲載することを目指します。

 

検索結果にGoogleマップが表示されることが多いため、このマップ欄に自社情報が載ることで、検索ユーザーが口コミを確認したり、ウェブサイトを訪問する可能性が高まります。特に害獣駆除業者を探しているユーザーは「地域名+害獣駆除」などのキーワードで検索することが多いため、MEOは非常に重要な施策となります。

MEOのメリットとデメリット

メリット1 無料でGoogleビジネスプロフィールの閲覧者を増やせる

MEOの大きな利点は、SEOと同様にクリック課金制ではないため、一度上位に表示されれば広告費をかけずに多くの検索ユーザーにリーチできることです。

メリット2 資産化しやすい

MEOもSEOと同様に、資産として長期的に機能しやすい施策です。広告は支払いを停止すると効果が消えがちですが、MEOで一度上位表示されると、継続的にコストなしで検索ユーザーにアプローチし続けることができます。

デメリット1 上位表示の難易度が高い可能性がある

特に人口が多く、競合が多い地域では、上位表示を達成するのが難しくなることがあります。他の企業も同様に上位表示を狙っているため、競争が非常に激しいです。

デメリット2 一度上位表示しても順位が下がる可能性がある

Googleのアルゴリズム変更や競合他社の活動によって、一度上位表示されても順位が下がる可能性があります。SEOと同様に、継続的な最適化が必要です。

MEOのコツ

コツ1 載せられる情報はすべて載せる

Googleビジネスプロフィールには、設定できる情報が多くあります。営業時間、連絡先、サービスの詳細、写真など、可能な限り多くの情報を設定しましょう。情報を充実させることは誰にでもできる基本的な作業であり、必須です。

 

コツ2 ビジネス名にキーワードを含める

ビジネス名には、上位表示したいキーワードを含めましょう。キーワードを含むビジネス名は、上位表示されやすくなります。ただし、Googleのガイドラインに従い、ビジネス名のルールに違反しないよう注意しましょう。

コツ3 口コミを増やす

口コミはMEOにおいて非常に重要な要素です。利用してくれたお客様に対して、口コミを投稿してもらうよう依頼しましょう。ポジティブな口コミはもちろんのこと、ネガティブな口コミもサービスの改善に役立ちます。

コツ4 支店ごとにGoogleビジネスプロフィールを作成する

複数の地域に支店がある場合、それぞれの地域ごとにGoogleビジネスプロフィールを作成することで、その地域のキーワードで上位表示される可能性が高まります。

 

MEOは害獣駆除業において非常に重要な施策です。これらのポイントを活用して、地域内での集客力を向上させましょう。

 

参考として

弊社ではSEO・MEOのサポートも行っており、キーワード(エリア)の難易度や予算に応じた現実的なアドバイスを提供しています。SEO・MEOの現状分析や実現可能性の判断も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

最後に

自社のサイトでの集客も上手く行きそう!と思える施策でしたでしょうか?

 

害獣駆除業で集客を安定させたいならぜひ参考にして頂けたら幸いです。またその他のご相談などあればお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

norihisa kimura
この記事を書いたのは
kimura norihisa

デジタルマーケティング

Web広告代理店(東証二部)にて数十社以上のコンサルティングを経験。現在は上場企業を含む企業のマーケティングのコンサルティング業務を担当。マーケティング上流から広告運用などの実務部分まで得意とする。
     
\お役立ち情報満載!/
Zokujinについて聞く!