【2024年最新】便利屋でおすすめのWeb集客手法具体的なコツもご紹介

マーケティング

こんにちは。今回は、便利屋のWeb集客手法のおすすめを4つと具体的なコツをご紹介します!

 

便利屋では様々なサービスを展開していると思いますが、単価の高いサービスやそれ以外にも取っていきたいサービスの集客を強めるために参考にして頂けたら幸いです!

おすすめ手法①リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に表示される広告のことを指します。キーワードの設定が可能で、効率的に広告を展開できるため、デジタルマーケティングにおいて定番の手法です。

 

課金形式はクリック課金であるため、無駄な費用が発生しにくく、運用の調整が容易である点が特徴です。

リスティング広告のメリットとデメリット

メリット1 検索しているユーザーにアプローチできるため成果が出やすい

リスティング広告は、何かを探しているユーザーにちょうどそのタイミングでアプローチできるため、他の集客手法よりも特に成果が出やすいです。さらに、広告を表示させるキーワードを絞り込むことで無駄な広告配信を避けることができ、費用対効果も高くなります。

 

例えば、「便利屋 新宿」と検索しているユーザーは、新宿で便利屋を探していると考えられます。このユーザーに広告を表示できれば、電話の問い合わせが増える可能性が高いでしょう。

 

このように、リスティング広告はユーザーが能動的に検索しているタイミングで広告を表示できるため、パフォーマンスが良い集客手法と言えます。

メリット2 広告配信後に細かな調整ができるため費用対効果が向上する

リスティング広告では、看板広告などとは異なり、広告配信後にキーワード毎の予算配分や広告文の変更、ランディングページの調整など、細かな運用調整が可能です。

 

これにより、パフォーマンスの良い部分に投資することで、費用対効果がどんどん向上していきます。

デメリット1 設定方法や運用方法を覚える必要がある

リスティング広告を初めて利用する方にとって、設定や運用方法を学ぶのは難しく、手間がかかることがあります。そのため、リスティング広告の設定や運用調整について調べるために、一定の時間と労力を費やす必要がある点はデメリットと言えるでしょう。

デメリット2 クリック単価が高騰する場合がある

特に便利屋では、リスティング広告の効果が高いため、競合が多く、クリック単価が高騰することがあります。これは、リスティング広告がオークション形式でクリック単価を決定しているためです。競争の激しいキーワードはどんどん高額で入札されるため、クリック単価が高くなる可能性があります。

 

便利屋のリスティング広告では、クリック単価を下げる工夫や、問い合わせ率・電話問い合わせ率を上げることが重要になります。

便利屋のリスティング広告のコツ4選

コツ1 キーワード単位で入電計測をする

費用対効果の高いキーワードに予算を集中させるため、キーワード単位で入電計測を行いましょう。これにより、どのキーワードが問い合わせに繋がりやすく、費用対効果が高いかを明確に把握できます。入電計測にはツール導入が必要ですが、そのコストを嫌う企業もあります。

 

その場合、電話ボタンをタップしたらCVとカウントする方式もありますが、電話タップだけでは実際の電話には繋がらないことが多いです。正確な費用対効果を把握し、予算を効果的なキーワードに振り分け、効果の悪いキーワードでの広告配信をやめることで、無駄な広告費を削減しパフォーマンスを最大化しましょう。

コツ2 地域挿入機能{LOCATION}を活用する

リスティング広告には、設定したキーワードを検索したユーザーの位置情報に応じて広告文の一部を変更する地域挿入機能{LOCATION}があります。

 

この機能を利用するとクリック率が上がり、クリック単価が下がることが多いです。例えば、新宿で「便利屋」を検索するユーザーには「新宿区の便利屋なら〇〇」、港区で検索するユーザーには「港区の便利屋なら〇〇」といった広告文が表示されるため、ユーザーの関心に合った広告が配信され、クリック率が高くなります。

 

この機能を積極的に活用しましょう。

コツ3  有効な問い合わせベースで予算配分を決める

便利屋では多種多様のサービスを提供しているため、サービスによって広告効果が大きく変わります。なので費用対効果の良いサービスに広告予算を多く投下しましょう。

 

当たり前ですが効果が良いところに予算を寄せたほうが費用対効果が良くなるからです。

 

ですが、便利屋は電話での反響が発生するため、有効な反響を正確に計測することがしにくい業態です。例えば電話で反響がなる場合リスティング広告の成果地点を電話ボタンのタップ数にすることが多いですが、誤タップなどもカウントされてしまいます。誤タップがカウントされるとどのサービスのパフォーマンスが良いか広告管理画面でわからなくなってしまうため最適な予算配分ができません。

このようなことにならないように、電話タップ数ではなく、間違い電話を含む入電CVをでもなく、有効なCVがどこから来てるかわかるような計測体制を整備し、最適な予算配分を行いましょう。

弊社ではどこから有効なCVが来てるかがわかる「有効CVわかる君」も提供しております。

コツ4 集客したい案件に合わせたキーワード設計をする

不用品回収、引っ越し、ゴミ屋敷清掃など、リスティング広告で集客したい案件の種類に応じてキーワードを設計しましょう。また、便利屋のリスティング広告では多様なキーワードでコンバージョンが取れることが多いため、部分一致キーワードの活用も効果的です。

参考

新規でリスティング広告を始める際、設定方法がわからない場合は無料で相談できますので、お気軽にご連絡ください。また、現在代理店を利用している方で、上記のコツを取り入れていない場合は、今の代理店に改善を相談してみましょう。

 

無料相談はこちら

 

改善が見込めない場合は、代理店の切り替えも検討する価値があります。弊社では無料でアカウント診断を行っておりますので、その診断を基に今の代理店に相談するのも良いでしょう。

おすすめ手法② リスティング広告のLP改善

リスティング広告のLP改善とは

LP(ランディングページ)改善とは、一度作成したLPをそのまま使い続けるのではなく、より高い成果を得るために継続的に改善を行うことです。※LPとは、リスティング広告をクリックしたユーザーが遷移するウェブサイトのページを指します。

 

LP改善が必要な理由は、リスティング広告自体のパフォーマンスにも限界があるためです。最終的にユーザーが訪れるLPを改善することで、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。具体的な改善例としては、LPのキャッチコピーのABテストや、ターゲットごとに異なるLPを作成してのABテストなどがあります。

リスティング広告のLP改善のメリットとデメリット

メリット1 CPAが安くなる

LP改善を行うことで、CPA(顧客獲得単価)が下がり、コスト効率が向上します。リスティング広告におけるCVR(コンバージョン率)を上げることができれば、CPAを大幅に削減する可能性があります。

メリット2 他施策にも流用できる

LP改善の結果、効果的なキャッチコピーやデザインが見つかった場合、それをチラシや他の広告媒体にも流用することができます。これにより、リスティング広告以外の施策のパフォーマンスも向上させることが可能です。

デメリット1 費用と工数がかかる

LPの制作や修正には費用がかかります。また、LP改善の手法や進め方がわからない場合、工数もかかるため、短期的にはデメリットとなることがあります。

 

しかし、長期的に見れば、パフォーマンスを向上させるための必要な投資と考えられるため、最終的にはデメリットではないと言えるでしょう。

リスティング広告のLP改善のコツ

コツ1 ファーストビューは大事

ランディングページのファーストビュー(FV)は、訪問者がその下の内容を読むかどうかを決定する重要な要素です。ファーストビューには、ユーザーが求めている内容を提供している業者であることや、他社との違いが一目でわかることが重要です。

 

便利屋の場合、いろんなサービスを提供することができるため、キーワードに合わせた内容を盛り込むようにしましょう。例えば、不用品回収メインでリスティング広告を配信する場合、ファーストビューには不用品回収のサービスをやっていることを掲載しましょう。

コツ2 信頼できる理由を入れる

便利屋は特に信頼性が重視される業界です。ランディングページには、顧客の声、実績、許可証などの信頼性を示すコンテンツを追加しましょう。これにより、訪問者の信頼を獲得しやすくなり、問い合わせや成約に繋げやすくなります。

 

また、Googleビジネスプロフィールの口コミをランディングページに掲載するのも効果的です。ユーザーはレビューを参考にすることが多いです。

コツ3 ページスピードを早くする

ウェブページの読み込み速度は、訪問者の離脱を防ぐために重要です。ページの読み込みが遅いと、ユーザーは閲覧を諦めてしまうことがあります。

 

特にモバイルユーザーは速度に敏感です。ページスピードの最適化はSEOの観点からも重要なので、画像の最適化や不要なJavaScriptの削減を行い、ページの読み込み時間を短縮しましょう。

コツ4 スマホメインで考える

便利屋を探している多くのユーザーはスマートフォンを使用しています。そのため、ランディングページはスマートフォンでの表示に最適化されていることが重要です。

 

ランディングページの作業はパソコンで行うことが多いですが、スマホでの表示も十分に考慮しましょう。レスポンシブデザインを採用し、スマホユーザーの操作性を考慮したランディングページにすることで、効果を最大化できます。

 

これらのコツを活用することで、リスティング広告のランディングページを効果的に改善し、便利屋における広告の成果を最大化することができます。

おすすめ手法③SEO

SEOとは

SEO(検索エンジン最適化)とは、GoogleやYahooの検索結果でウェブサイトが上位に表示されるようにWebサイトを最適化する施策です。適切なSEO戦略を実施することで、ウェブサイトの訪問者数が増え、より多くのユーザーにアプローチすることが可能になります。

SEOのメリットとデメリット

メリット1 コストゼロでWebサイトの訪問者数が増える

SEOの大きなメリットは、リスティング広告とは異なり、クリック課金制ではないため、一度上位表示されると広告費なしでWebサイトの訪問者数が増える点です。

 

特に便利屋のような新規顧客を継続的に獲得するビジネスモデルでは、コストをかけずに多くのユーザーをサイトに集められることは非常に有益です。

メリット2 広告と違ってサイトが資産化する

SEOは広告とは異なり、資産化しやすい施策です。広告はお金を払うことをやめるとサイト訪問者が減りますが、SEOでは一度上位表示されると、継続的にコストゼロでサイトを訪問してくれるユーザーが増えます。

デメリット1 難易度が高いジャンルがある

競合他社も同じようなキーワードで上位表示を狙っているため、検索結果の枠が限られている中で、競合性が高いジャンルでは上位表示の難易度が高くなります。

 

例えば、今から飲食店のポータルサイトを作っても、既に有名な競合が存在しているため、上位表示が難しいかもしれません。しかし、便利屋業界なら「地域×便利屋」などのキーワードで上位表示を狙うと、競合性が低くなる可能性があります。

デメリット2 順位が下がる可能性もある

検索エンジンのアルゴリズムは常にアップデートされており、大きなアップデート(コアアルゴリズムアップデート)が年に2〜3回発生します。その際に検索順位が下がってしまうこともあります。

 

順位が下がった場合は、適切な対策を講じて再度上位表示を目指す必要があります。

SEOのコツ3選

コツ1 狙うキーワードを決める

まずは狙うキーワードをちゃんと決めましょう。便利屋においては、「便利屋」という業態のキーワードと不用品回収やゴミ屋敷片付け・遺品整理などのサービス名という2つの種類がありますが、まずは「便利屋」というキーワードで上位表示を狙い、その後他のサービスキーワードの対策を検討するのが良いかと思います。

 

集めたい案件の種類によってキーワードも変わるのでSEOでも「便利屋」「ゴミ屋敷片付け」「引っ越し片付け」「遺品整理」など自社の集客方針に合わせたキーワードを狙いましょう。地域名を含めたローカルSEOも効果的です。

 

もし遺品整理の案件のみを取っていきたい場合は、遺品整理だけのWebサイトを立ち上げる方が効果的でしょう。

コツ2 ページ内にユーザーが気になる内容を網羅的に入れる

ユーザーが便利屋に関して持つ疑問や悩みに答える内容をページ内に入れましょう。サービスの詳細、料金体系、よくある質問、口コミなど、ユーザーが求める情報を網羅的に提供することで、ページの滞在時間を延ばし、Googleやyahooなどの検索エンジンに価値あるWebサイトとして評価されやすくなります。

おすすめ手法④MEO

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)は、Googleの検索結果に表示されるGoogleマップ欄やGoogleマップ内での検索結果で上位表示されるようにする施策です。

 

例えば、「新宿 便利屋」と検索したときに表示される枠内に自社の情報を掲載することを目的としています。

 

検索結果にGoogleマップが表示されることが多いため、この欄に自社情報が表示されることで、検索ユーザーが口コミを見たり、ウェブサイトを訪問してくれる可能性が高まります。特に便利屋業者を探しているユーザーは、「地域×便利屋」などのキーワードで検索することが多いため、MEOは重要な施策です。

MEOのメリットとデメリット

メリット1 費用が掛からずGoogleビジネスプロフィールの閲覧者が増える

MEOの最大のメリットは、SEOと同様にクリック課金制ではないため、一度上位表示されると広告費をかけずに多くの検索ユーザーにアプローチできる点です。

メリット2 資産化しやすい

MEOもSEOと同様に、広告とは異なり、資産化しやすい施策です。広告は支払いを停止すると効果が消えることが多いですが、MEOで上位表示されれば、継続的にコストゼロで検索ユーザーにアプローチし続けることができます。

デメリット1 上位表示の難易度が高い可能性がある

特に人口が多く競合が多い地域では、上位表示の難易度が高くなる場合があります。競合他社も同様に上位表示を目指しているため、競争が激しいです。

デメリット2 一度上位表示しても順位が下がる可能性がある

Googleのアルゴリズム変更や競合他社の活動によって、一度上位表示されても順位が下がる可能性があります。SEOと同様に、継続的な最適化が必要です。

MEOのコツ

コツ1 載せられるところはすべて載せる

Googleビジネスプロフィールには、設定できる情報が多くあります。営業時間、連絡先、サービスの詳細、写真など、可能な限り多くの情報を設定しましょう。情報を充実させることは誰にでもできる基本的な作業であり、必須です。

コツ2 ビジネス名にキーワードを意識する

ビジネス名には、上位表示したいキーワードを含めましょう。キーワードを含むビジネス名は、上位表示されやすくなります。ただし、Googleのガイドラインに従い、ビジネス名のルールに違反しないよう注意しましょう。

コツ3 口コミを増やす

口コミはMEOにおいて非常に重要です。利用してくれたお客様に口コミを書いてもらうようにお願いしましょう。ポジティブな口コミはもちろん、ネガティブな口コミもサービスの改善に役立ちます。

コツ4 支店ごとにGoogleビジネスプロフィールを作成する

複数の地域に支店がある場合、それぞれの地域でGoogleビジネスプロフィールを作成することで、それぞれの地域のキーワードで上位表示される可能性が高まります。

 

MEOは、便利屋において欠かせない施策です。これらのコツを活用し、地域内での集客力を高めましょう。

参考

弊社ではSEO・MEOの支援も行っていますが、キーワード(エリア)難易度や予算に応じて、現実的なアドバイスを提供しております。SEO・MEO状況の調査や現実的かどうかの判断も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

最後に

自社のサイトでの集客もまだまだ余地がありましたか?

 

便利屋で集客を安定させたいならぜひ参考にして頂けたら幸いです。またその他のご相談などあればお気軽にお問い合わせくださいませ。

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

norihisa kimura
この記事を書いたのは
kimura norihisa

デジタルマーケティング

Web広告代理店(東証二部)にて数十社以上のコンサルティングを経験。現在は上場企業を含む企業のマーケティングのコンサルティング業務を担当。マーケティング上流から広告運用などの実務部分まで得意とする。
     
\お役立ち情報満載!/
Zokujinについて聞く!