【YouTube広告】動画リーチキャンペーン(VRC)とは?基本的な設定方法からメリット・デメリットまで解説

Youtube

Youtube広告では、重視したい目標に沿ったキャンペーンを設定することが重要です。

 

今回は、リーチに特化したキャンペーンである「動画リーチキャンペーン(Video Reach Campaign、略してVRC)」について解説します。

 

「動画リーチキャンペーンの設定方法が知りたい」
「動画リーチキャンペーンを利用するメリットは?」
「動画リーチキャンペーンの特徴を確認したい」

 

上記のような疑問をお持ちの方にピッタリの内容となっておりますので、ぜひ最後まで確認していただき、今後の運用にお役立ていただけますと幸いです!

 

なお、弊社では広告運用についての無料相談も受け付けております。Youtube広告の動画リーチキャンペーンの運用について疑問や不安をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

Youtube広告の動画リーチキャンペーン(VRC)とは

Youtube広告の動画リーチキャンペーンとは、YouTube広告で効率的にリーチを獲得したい時に選択すると良いキャンペーンです。

 

バンパー・インストリームなどの広告を合わせて配信することで、リーチを最大化することを目標とします。広告配信の目標がリーチをのばすことである場合は、動画リーチキャンペーンの使用がおすすめです。

動画リーチキャンペーン(VRC)の特徴

動画リーチキャンペーンは複数の広告フォーマットを組み合わせて、リーチを伸ばすことを目的としている点が大きな特徴です。

 

使用する広告フォーマットは下記3つです。

・バンパー広告
・スキップ可能なインストリーム広告
・スキップ不可のインストリーム広告

上記のようにさまざまな配信面に表示することで、リーチの獲得を目指します。

 

また、課金形態は、クリック課金ではなくインプレッション課金となります。1000回表示(インプレッション発生)ごとに費用が発生するという仕組みです。

動画リーチキャンペーン(VRC)の配信面

動画リーチキャンペーンは、YouTube動画の再生ページやGoogle動画パートナーの2つの面へ配信されます。

動画リーチキャンペーン(VRC)の配信面

”Google 動画パートナーとは、YouTube 以外でもユーザーに動画広告を表示できる、質の高いパブリッシャーのウェブサイトおよびモバイルアプリのことです。”

Google広告ヘルプより抜粋

 

YouTubeとYouTube以外のサイトにも広告が表示されるため、認知度の向上やリーチの拡大を狙うことができます。

 

なお、Google動画パートナーへ配信したくない場合は、選択を外すことが可能です。(リーチ最大化を狙うのであれば、Google動画パートナーへ配信を選択する方が推奨ではあります。)

動画リーチキャンペーン(VRC)の仕組み

下記の方法からご希望のものを選択し、ユーザーにリーチしていく仕組みです。

効率的なリーチ 「バンパー広告」「スキップ可能なインストリーム広告」を使用して、費用を抑えながら多くのユーザーにリーチします。
フリークエンシー目標設定 「スキップ不可のインストリーム広告」「スキップ可能なインストリーム広告」「バンパー広告」を使用して、リーチしたユーザーにメッセージを伝えます。

 

動画リーチキャンペーン(VRC)がおすすめなパターン

動画リーチキャンペーンは、リーチの拡大を狙う場合におすすめのキャンペーンと紹介しましたが、以下で詳細をご説明します。

費用を抑えつつ、リーチを伸ばしたい

動画リーチキャンペーンを設定すると、Googleの機械学習により、ユーザーに最適な広告フォーマットで広告が配信されます。

 

これにより、キャンペーンごとに異なる広告フォーマットを設定して広告を配信するよりも、少ない広告費用でリーチを拡大することができます。

 

1つのキャンペーンで、効率的にリーチしたい場合

今まで、「バンパー広告」のみ、「スキップ可能なインストリーム広告」のみを設定しているキャンペーンに比べて、1つのキャンペーンで複数の広告フォーマットを設定できる分、より効率的にユーザーにリーチすることができます。

 

リーチの拡大が狙えるユーザーに対し、バンパー広告、スキップ可能なインストリーム広告、スキップ不可のインストリーム広告、と多方面からアプローチすることができますので、認知度の向上にもつながります。

動画リーチキャンペーン(VRC)のメリット

動画リーチキャンペーンのメリットは大きくわけると下記3つがあります。

 

・eCPM・リーチ数の拡大が目指せる
・複数フォーマットを同時に最適化する
・キャンペーン作成にかかる時間の削減

 

以下で、それぞれの詳細をみていきましょう。

eCPM・リーチ数の拡大が目指せる

動画リーチキャンペーンの1つ目のメリットは、「リーチの拡大」が見込める点です。

 

リーチ目標を達成: 動画リーチ キャンペーンは、リーチ目標に合わせて最適化されます。より多くのユニーク ユーザーにリーチすること(バンパー広告もしくはスキップ可能なインストリーム広告を使用、またはこれら 2 つの広告タイプを組み合わせる)、またはリーチしたユーザーにメッセージを最後まで伝えること(スキップ不可のインストリーム広告を使用)を目標として選択できます。”

Google広告ヘルプより抜粋

 

いままでは、「バンパー広告」「スキップ可能なインストリーム広告」「スキップ不可のインストリーム広告」は個別に作成していましたが、動画リーチキャンペーンでは、同一のキャンペーンで作成し、組み合わせて配信できます。

 

このように、さまざまな広告フォーマットを組み合わせて多数の配信面に広告が配信されることで、効率的にリーチを拡大できる点が大きなメリットです。

 

また、個別にバンパー広告やスキップ可能なインストリーム広告を設定したキャンペーンよりも、安価な費用でリーチの拡大を目指せます。

複数フォーマットを同時に最適化する

動画リーチキャンペーンでは複数の広告フォーマットを併用し、Googleの機械学習を使用してリーチ獲得に効果的な配信面に配信が進みます。

 

同時に最適化が進むので、リーチ獲得が見込めるユーザーに最適なタイミングで最適なフォーマットで広告が配信されるようになる、という設計です。

 

Googleの機械学習では、さまざまなシグナルが使用されており、リーチの拡大と費用対効果を高めるようリアルタイムで最適化されていきます。

キャンペーン作成にかかる時間の削減

いままでは、「バンパー広告」「スキップ可能なインストリーム広告」「スキップ不可のインストリーム広告」は個別に作成していたため、個別にキャンペーンごとの設定が必要でした。

 

しかし、動画リーチキャンペーンでは、キャンペーン設定が一度で済みます。設定時の時間を削減できるので、その分他の業務に充てる時間を確保することが可能となります。

【6Step】動画リーチキャンペーン(VRC)の基本設定手順

ここからは、動画リーチキャンペーンを実際に設定する方法を確認します。 

Step1. キャンペーン目標を選択する

Google 広告の管理画面にログインします。左側の一覧から【キャンペーン】をクリックします。

青いプラスボタンのアイコンをクリックし、【新しいキャンペーンを作成】を選択します。

キャンペーン目標で【ブランド認知度とリーチ】を選択します。

Step2. キャンペーンタイプとサブタイプを設定する

キャンペーンタイプは、 【動画】を選択します。

キャンペーンのサブタイプは、【動画のリーチ】を選択します。

動画リーチキャンペーン(VRC)の基本設定手順

Step3. 目標の達成方法を選択する

目標の達成方法は、【効率的なリーチ】を選択して、【続行】をクリックします。

 

効率的なアプローチは、バンパー広告、スキップ可能なインストリーム広告、またはこれらを組み合わせて、希望予算で最大限のリーチを獲得することを目標とします。

Step4. キャンペーンの入札戦略を設定する

キャンペーンの設定画面にて各項目`(キャンペーン名や予算など)を設定していきます。ここで確認しておきたい点が、入札戦略についてです。

 

動画リーチキャンペーンでは、入札戦略は【目標インプレッション単価】に限定されています。

Step5.動画広告の作成

動画広告を作成するセクションで、検索ボックスでYouTube動画を検索します。

お客様の YouTube 動画: アップロードした動画を検索するか、YouTube の動画の URL を貼り付けます。動画 URL を指定すると、動画の長さに応じて動画広告フォーマットが自動的に決定されます。”

Google広告ヘルプより抜粋

 

動画を指定したあとは、【最終ページURL】【表示 URL】【広告名】を入力します。

 

【行動を促すフレーズ】にチェックをいれると画面が展開するため、こちらでユーザーに広告のクリックを促すフレーズを入力します。【広告見出し】も設定します。

Step6.入札単価を設定して、キャンペーンを保存

目標インプレッション単価を 入力します。

【キャンペーンの作成】をクリックすれば、キャンペーン設定が完了となります。

まとめ

今回はリーチに特化したい時に抑えておきたい配信方法である、動画リーチキャンペーンについて紹介しました。

 

YouTube広告は、様々な配信目的に合わせて広告フォーマットが用意されているため、目標にあった配信方法を選択することが、成果アップにつながります。

 

動画リーチキャンペーンをご活用いただき、安価なeCPMでリーチ拡大を目指してみてはいかがでしょうか。

 

なお、導入する前に、より詳しく確認したい方や設定に不安がある方は、無料相談もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

norihisa kimura
この記事を書いたのは
kimura norihisa

デジタルマーケティング

Web広告代理店(東証二部)にて数十社以上のコンサルティングを経験。現在は上場企業を含む企業のマーケティングのコンサルティング業務を担当。マーケティング上流から広告運用などの実務部分まで得意とする。
     
\お役立ち情報満載!/
Zokujinについて聞く!