女性向けECの集客の注意点とコツ|おすすめの集客手法も具体的に紹介

インターネット広告
女性向けECの集客の注意点とコツ|おすすめの集客手法も具体的に紹介

化粧品やアパレルなどの女性向け商品を扱うECサイトの集客には男性向け商品や性別を問わない商品とは違う独自の観点が必要です。

 

担当者が男性である場合は特に女性向け商材で押さえておくべきポイントがわからず苦戦してしまうことがあります。

 

今回は女性向けECの集客を成功させるための注意点とコツを解説しながら、女性向けECにおすすめの集客手法についても具体的に紹介していきます。

 

※本記事では女性向けの集客戦略に焦点を当てていますが、これはジェンダーの多様性を否定する意図はありません。また、一部女性の特徴などを記載しておりますがあくまで傾向や一例の記載となります。

女性向けECの注意点とは?

女性向けECの集客ではとにかく「女性視点」が大切です。

女性の心に響かせるための注意点をしっかり理解しておきましょう。

ターゲットへの訴求をシャープにする

女性向けECの集客ではターゲットへの訴求をシャープにすることで効果が高まります。

訴求がシャープであるというのは、誰に何を伝えたいのかがはっきりしていてわかりやすいことを指します。

 

「女性向け」と幅広く狙っていこうとするといろいろな相手に響くような訴求をしてしまいがちですが、これではごちゃごちゃした訴求になってしまい結果的に誰にも響かない訴求になってしまいます。

 

女性を一括りにするのではなく「30代のオフィスで働く女性」「50代の家庭を持つ女性」「10代のスポーツをしている女性」などターゲットを細かく分けて訴求を考えるようにしましょう。

 

特に女性によく見られる傾向として「自分向けの商品ではない」と感じたときにその商品の検討をやめてしまうことが多く、男性向け商材よりも訴求がシャープであることの重要性が高いことに注意が必要です。

クリエイティブの更新サイクルを早める

クリエイティブ(画像や動画)の更新サイクルを早めて常に新鮮なものを打ち出していくことも大切です。

 

女性向けECの集客では画像や動画を使ってビジュアルで訴求することが有効ですが、ビジュアルでの集客に成功するためにはクリエイティブの更新が不可欠です。

 

集客担当者が悩みに悩んで作り出したクリエイティブが空振りに終わることも珍しいことではありませんのでなるべくたくさんの数を打っていく必要があります。

 

たくさんのクリエイティブを作る中でヒットするクリエイティブが生まれてもそこで安心して更新を止めてしまうのではなく、そのヒットがなぜ生まれたのかを分析して次に活かすようにしましょう。

 

どんなにヒットしたクリエイティブもそのうち飽きられて反応が悪くなってきます。

特に女性向け商材の場合は飽きられるまでのスパンが短くなりやすいため少しでも更新サイクルを早めていくことを目指しましょう。

納得を求めようとしない

女性向けEC商材の集客では「論理的に納得させる」ことは避けた方がいいでしょう。

女性が商品を選ぶ決め手になるのは合理性よりも共感であることが多く、納得を求めようとするとかえって離れていってしまう原因になることがあります。

 

もちろん商品の優れた点を伝えることは大切ですが、伝え方としてビジュアルで表現したり既存顧客の体験談を通して説明したりという方法を取ることで共感が得られやすくなるでしょう。

 

顧客がなぜその商品を求めているのかを論理的に考えつつ、訴求はやや感覚的に行うようにして両側の視点を持つことが大切です。

女性向けECのおすすめ集客のコツとは?

女性向けECで集客の施策を打つ上で実践をおすすめしたい「コツ」について解説していきます。

有効な集客手法を行いつつコツも押さえることができれば集客効果は高まりやすくなるでしょう。

動画や画像で訴求する

女性向けECの集客で押さえておきたいコツは、なんといっても動画や画像といったビジュアルで訴求することです。

 

もちろんテキストで訴求することも可能ではありますが、テキストだけでは表現に限界があるため女性の心に響くメッセージを打ち出すことはなかなか難しいものです。

 

言語化しにくい微妙な心理を表現するためには画像や動画が向いていることから女性向けECの集客にはビジュアルでの訴求が有効と言えます。

女性の心理を理解して共感してもらう

女性の心理を理解して共感を得ることも大切です。

女性は本能的に「共感」を感じ取る部分が強く、自分の気持ちが動くかどうかを重視する傾向にあります。

 

男性向け商材であれば商品の機能性について合理的な説明をすることで買ってもらいやすくなるということもありますが、女性向け商材の場合は「共感」を第一に考えるようにしましょう。

 

男性視点で「女性が共感できる」訴求を考えるのは難しい場合も多いので、女性社員の意見を取り入れたり女性のモニターを集めて率直な意見を聞かせてもらったりということも時には必要でしょう。

 

ただしその際にもらった意見を「男性目線」に変換してしまうと共感が得られにくくなってしまうため、意見はなるべく崩さないように注意が必要です。

顧客がSNSに投稿したくなるキャンペーンを打つ

女性が買い物をするときの大きな決め手として口コミがあります。

会話の中で情報交換をしたりWebサイト上に掲載されている口コミを見たりということもありますが、最近ではSNSを通じて口コミを知るということが非常に多くなってきています。

 

口コミは自然に発生するのを待つだけではなかなか増えづらく「口コミを広めたくなる仕組み」が必要です。

 

代表的な手法としてハッシュタグをつけて商品の感想を投稿してもらうキャンペーンが有効でしょう。

 

実際に購入した顧客の目線で口コミを広めてもらえば他の女性からの共感も得られやすくなりますし、キャンペーンにプレゼントをつけるようにすればプレゼント目当てに口コミの投稿をする顧客も増えてきます。

 

おもしろいキャンペーンを打つことができればキャンペーンの盛り上がりを見て商品を知るという導線を作ることもでき、メリットが多い施策です。

インフルエンサーや女性社員の協力を得る

口コミに近い手法として女性に人気があるインフルエンサーにSNS上で商品を紹介してもらうということも有効です。

 

インフルエンサーに依頼する予算がない、インフルエンサーに依頼して炎上のリスクを負うことを避けたい、などの理由でインフルエンサーへの依頼ができないという場合には社内の女性社員が自らSNS上で商品の紹介を投稿するという方法もあります。

 

商品を紹介する女性社員自身が有名である必要は全く無く、自社のYouTubeチャンネルなどがあればその場で商品の紹介動画をアップするだけでも効果があります。

 

社員といえども使っている人の顔が見えるだけでユーザーは安心できるようになりますし、インフルエンサーではない人の紹介であればより身近に感じられるかもしれません。

 

ただしこれらの方法を取るときには最近施行されたステマ規制に気を配るようにしましょう。

「ステマ」とはステルスマーケティングの略で「企業が第三者に報酬を支払って、一般の消費者を装って商品を紹介してもらうこと」を指します。

 

企業が依頼して商品を紹介してもらうよりも顧客が自分から紹介してくれる方が効果が高いと考えて、依頼していることを隠してしまうと規制に引っ掛かってしまうリスクが高いため注意が必要です。

 

規制されるのは「依頼関係がないように装うこと」ですので、インフルエンサーに商品の紹介を依頼すること自体は問題ありません。有効に活用していきましょう。

女性向けECのおすすめ集客手法とは?

女性向けECにおすすめの集客手法をご紹介していきます。

集客のために何から実践していけばいいかわからないという方は、ここに挙げている手法をまずは集中的に取り組んでみることをおすすめします。

SNS広告

SNS広告とはFacebookやInstagram、Twitter(X)、LINEなどにバナー広告や動画広告を出稿するものです。

 

SNS広告ではビジュアルでの表現がメインになりますので、ビジュアルでの訴求が有効な女性向けECと相性が良く、効果的な集客が可能です。

 

特にInstagramは30代以下の女性の比率が高いため、若年層の女性をターゲットにしている場合はInstagramが非常に向いていると言えます。

 

画像や動画をただ見せるだけでなく「ショッピング広告」と呼ばれる、画像に写っている商品にタグをつけることで、タグをタップするとそのまま欲しい商品の購入に移ることができる機能が備わっているためECとの相性も抜群です。

 

何かひとつ最初に始めたいという場合はInstagram広告から着手するとよいでしょう。

YouTube広告

YouTube広告とはYouTubeを利用して動画を見ているユーザーに対し、動画の前や途中に挟み込む形で広告を表示できるものです。

 

利用者の中で女性が特別多いというわけではありませんが、動画でのアプローチがしやすいため動画を通じてストーリーを持たせた広告を配信可能です。

 

どんな動画を好んで見ているかによってターゲティングが可能なため自身が取り扱っている商材に関連する動画を見ているユーザーをターゲティングしやすいのもメリットでしょう。

 

YouTube広告には大きく分けて2つの形式があり、スキップ不可の6秒以内の動画広告と再生開始から5秒経つといつでもスキップできる長尺の動画広告が配信できますが、6秒以内の短い広告だけで購買の行動を起こさせるのは難しいためECであれば長尺の動画の方が効果的です。

 

ただし長尺だからといって何でも表現できるわけではなく、最初の5秒以内にユーザーの興味を惹いてスキップされないような工夫が必要です。

 

裏を返せば、最初の5秒でユーザーの心を掴むことさえできればあとは長時間の動画でも見てもらうことができますので冒頭部分の制作には力を入れておきましょう。

動的リマーケティング広告

動的リマーケティング広告とは、一度Webサイトに訪問したユーザーを追いかけるように広告を配信する「リマーケティング(リターゲティング)広告」の一種です。

 

通常のリマーケティング広告がバナー画像を配信するのに対して、動的リマーケティング広告では「動的」の名の通りユーザーの行動に合わせて広告で表示される内容が変動します。

 

より具体的にはECサイトで閲覧した商品や関連商品がリマーケティング広告として配信される仕組みです。

 

閲覧履歴があるということは一度はその商品に関心を持っていたということですから、同じ商品で再度訴求することは非常に有効で「一度ほかの商品と比べて検討しよう」と離脱したユーザーを逃さずアプローチをかけることができます。

 

取り扱う商材の数が多いほど個別の商品で訴求できるメリットは大きくなるためECサイトにはうってつけの広告と言えます。

 

動的リマーケティング広告を配信できる媒体の代表例としてはGoogle広告とCriteo(クリテオ)が挙げられますが、どちらも「カタログ」と呼ばれる商品リストの作成やWebサイト上のタグ設置などの準備が必要なため配信開始のためのハードルはやや高めです。

 

社内の人員のみでカバーできないという場合はプロに相談してみるのもひとつの手でしょう。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントとは、自社で作成したアカウントをユーザーが友だち登録することでメルマガのようにLINEメッセージを配信できる仕組みです。

 

プライベートでメールを利用する場面は減少しており、代わりにLINEが非常に広く普及しているためメルマガよりもメッセージを見てもらいやすいのがメリットです。

 

LINEでは画像や絵文字も簡単に送信することができるためメールよりもビジュアル豊かなアプローチをすることからも、女性向けECの集客とLINE公式アカウントは相性が良いと言えます。

 

「シナリオ」と呼ばれる自動化のシステムを組むことで友だち登録してくれたユーザーに自動でメッセージを配信したり、チャットボットの要領でユーザーからのメッセージに一定の返答を行ったりとコミュニケーションの手法も豊富に用意されています。

 

公式アカウントのトークルームを開いた画面には「リッチメニュー」と呼ばれる画像つきメニューを企業独自で作成することもでき、自社専用の広告枠のように訴求したい内容を表示しておけるためリッチメニューに力を入れておくだけで継続的な集客源を作り上げることもできるでしょう。

 

LINE公式アカウントは無料で作成することができ、月200通までのメッセージは追加料金も不要ですのでまずはお試しで作成してみるといいでしょう。

まとめ

女性向けECの集客について注意点やコツを解説してきました。

女性向け商材は男性向け商材とは異なる訴求が必要な面も多く、担当者が男性である場合は苦労することもあるかもしれません。

 

大切なのは「共感」と「ビジュアル」です。

女性が心に響くポイントをよく理解して集客増加を目指していきましょう。

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

Zokujin 編集部
この記事を書いたのは
Zokujin 編集部

デジタルマーケティングで役に立つ情報をわかりやすく伝えるコラム。 Zokujinコラムの編集部
     
\お役立ち情報満載!/
Zokujinについて聞く!