教育系商材の集客の注意点とコツ|おすすめの集客手法も具体的に紹介

インターネット広告
教育系商材の集客の注意点とコツ|おすすめの集客手法も具体的に紹介

学習塾や英会話教室といった教育系商材の業界は、子どもが減少していることで競合との顧客の取り合いが激しくなっており、大手であっても集客に苦戦しやすい傾向にあります。

 

そんな中で教育系商材を扱う企業が集客を増やすにはどうすればいいのか、集客の注意点とコツ、おすすめの集客手法について解説していきます。

教育系商材の注意点とは?

教育系商材の集客のために、注意しておきたいポイントを最初に解説します。

商材の特性をよく理解して効率的な集客を実現しましょう。

子どもがいる両親がメインターゲット

学習塾や英会話教室は、サービスを提供する相手とお金を払う相手が異なるのが特徴です。

サービスを提供するのは子どもが相手ですが、お金を払うのはその子どもの両親ですから、子どもを持つ両親にとって魅力的な訴求をする必要があります。

 

子どもを持つ両親が何を重視していて、どんなところに魅力を感じているのかを考えて理解しておかないと的外れな訴求をしてしまいがちですので注意しましょう。

中高生向けの場合は本人への訴求も忘れない

ひとつ上の注意点とやや矛盾するようにも思えるポイントですが、中高生をターゲットにしている場合は中高生本人への訴求も忘れずに行うことが大切です。

 

ただしメインターゲットはあくまで両親ですので、両親への訴求の比重を大きくしておくことは変わりありません。

 

本人への訴求が必要な理由は、中高生になるとある程度自分で判断ができるようになり「本人が通いたいと思うかどうか」が決め手になることも多いからです。

 

または中高生本人の意欲が高い場合は、本人から両親に伝わって購買に至ることも少なくありません。

両親と子どもの両方が魅力を感じられる訴求を目指しましょう。

任せたいと思える信頼を勝ち取る

子どもを持つ両親が「ここなら自分の子どもを任せられる」と思えるような信頼を得られるようにしましょう。

 

「教育」のためのサービスを利用するということは少なからず子どもの将来を託すことにも繋がります。

 

どんなに多くのアピールをしても信頼が得られなければ購買には至らないでしょうし、反対に強い信頼関係を築ければ多少料金が高くても選んでもらえる可能性は高いでしょう。

競合を意識しすぎるあまり顧客からの信頼を失うことがないように注意が必要です。

教育系商材のおすすめ集客のコツとは?

教育系商材で集客の施策を打つ上で実践をおすすめしたい「コツ」について解説していきます。

有効な集客手法を行いつつコツも押さえることができれば集客効果は高まりやすくなるでしょう。

口コミの広がりを重視する

教育系商材は「効果が目に見えない」商材ですのでユーザーにとっては決断が難しい商材です。

効果が目に見えない商材を購入するときに決め手になりやすいのが口コミ。

 

特に子どもを持つ母親同士での情報交換によって良い口コミが広まれば広告よりも高い効果を見込むことができるでしょう。

 

紹介キャンペーンを打って口コミの広がりを促進したり、Web上で口コミを書き込んでもらってお礼のプレゼントを渡したりという施策を打つことで口コミの効果を高めることができます。

「周囲に紹介したい」と思ってもらえるようなフックを作ることを目指しましょう。

検討期間を理解して集客を始める

教育系商材の利用を始めるタイミングはある程度パターンがあります。

例えば学年が上がる直前に「将来のために」と塾を探したり、夏休みなどの長期休暇に合わせて成績を上げる機会として夏期講習を受けられるところを探したりというタイミングが多いでしょう。

 

しかし、子どもを持つ両親が商材の検討を始めるタイミングは利用するタイミングと同じではなく、少し早く検討を始めることが多いです。

 

なぜなら教育系商材は検討に時間をかけるユーザーが多いため、検討にかかる期間を逆算しておく必要があるからです。

 

夏休みは7月下旬から始まりますが、7月下旬から集客を始めていると先に競合に奪われてしまう可能性が高く、1ヶ月程度早いうちからアプローチを始めておいた方がいいでしょう。

 

特に新しい施策を始める場合は勝手がわかるようになるまで時間がかかりやすいので、準備期間を長めに取っておくことが大切です。

通いやすいエリアを狙う

教育系商材は子どもが通うものですから通いやすさはとても大切です。

場合によっては両親が車で送迎をするということもありますが、子どもが1人で通える範囲の方が両親にとっては安心感があり選んでもらいやすくなるでしょう。

 

まずは教室から近いところをターゲットとし、次に電車やバスなどで簡単に通えるエリアを狙っていくようにすると効率的に集客を増やすことが可能です。

一度の接触で終わらせない

教育系商材は長く利用するものでかかる費用も高額なため、一度の接触だけで決め手になることは多くありません。

 

長い時間をかけて情報収集をして何度も何度も悩んだ末にやっと購買に至るということも多いでしょう。

悩む期間が長いほど、その間にどれだけ接触機会を得られるかが重要になってきます。

 

一度接触しただけで「あとは選んでくれるだろう」と放置してしまうのではなく、購買に至るまで繰り返し接触を図ることが大切です。

 

ただししつこく同じ訴求を繰り返しても逆効果ですので「検討のフォロー」をするつもりで情報提供を続ける意識を持つことで効果が上がりやすくなります。

 

「料金は安い?」「評判は高い?」「実績はある?」「通いやすさは?」など検討期間に出てくる多くの悩みにひとつひとつ答えることができれば選んでもらえる可能性も上がります。

 

「聞かれたら答えればいい」わけではなく、Webサイト上に答えを用意しておき、ユーザーがその情報に簡単にアクセスできる状態を作り上げましょう。

教育系商材のおすすめ集客手法とは?

教育系商材のおすすめ集客手法をご紹介していきます。

集客のために何から実践していけばいいかわからないという方は、ここに挙げている手法をまずは集中的に取り組んでみることをおすすめします。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索広告とも言い、GoogleやYahoo!の検索エンジンを利用したときに検索結果とともに表示される広告のことです。

 

リスティング広告のシェアはGoogle広告が圧倒的に多いのでGoogle広告から始めてみるのがいいでしょう。

 

リスティング広告の特徴は、ユーザーが検索するキーワードに合わせて広告を表示できる点です。

検索するという行動を起こしているということは少なからずそのキーワードに興味や関心を持っているということですから購買に至る可能性が高いと言えます。

 

キーワードの内容によって「何を知りたいか」を推測することもでき、例えば「塾 ○○駅 おすすめ」というキーワードなら特定の駅周辺で評判のいい塾を探している可能性が高いですし、

 

「英会話教室 料金 安い」というキーワードなら英会話教室の中でも料金が安いところを求めている可能性が高いでしょう。

 

このようにキーワードの内容からユーザーが持っているニーズを考えて、求めているものを満たすような広告を表示させることでクリックされる確率を上げることができます。

 

教育系商材の場合「教室に通う」という性質から最初にある程度エリアを絞って探しているユーザーがほとんどです。

 

子どもの年齢が低いほど行動範囲は狭くなりますから「○○県」「○○市」では広すぎることが多いでしょう。

 

「○○駅」「○○町」などさらに狭い範囲で探すか、「○○小学校」のように学校から近いことを条件にするかもしれません。

 

このような地域を限定するキーワードを狙って広告出稿することでターゲティングをはっきりさせることができます。

SNS広告

SNS広告とはFacebookやInstagram、Twitter(X)、LINEなどにバナー広告や動画広告を出稿するものです。

 

SNS広告の特徴は、日頃SNSを利用しているユーザーに対して自然な形で広告を表示して興味を持ってもらうことができる点と、それぞれのSNSの強みを活かした多彩なターゲティング手法を利用することができる点です。

 

教育系商材は年度が変わる前の3月や夏休み前の7月頃に入会が集中しますが、この時期になってから集客しようとすると競争が激しすぎて大手に勝つことは難しい場合が多くなります。

 

SNS広告であればまだ教育系商材にニーズを感じていないユーザーにも広告で接触することができ、競争が激しくなる前からアプローチをかけて大きなアドバンテージを得ることができるため教育系商材の集客にはSNS広告が有効と言えます。

 

各SNSの強みとしては、例えばFacebookとInstagramはどちらもMetaが運営している世界最大規模のSNSですから、Metaが世界中のユーザーから集めた膨大なデータを元に精度が高く細かいターゲティングを行うことができます。

 

データからユーザーの家族構成を推測して「子どもがいる親」をターゲティングの条件に設定することもできるため、対象となる子どもを限定している場合などはFacebookとInstagramが向いているでしょう。

 

Twitter(X)はテキストベースのSNSであることからキーワードやトピックによるターゲティングが豊富で、「フォロワーターゲティング」という特定のアカウントのフォロワーを対象に広告配信できる機能も備えています。

 

英会話教室の中でもハイレベルな位置づけのサービスを行っていて対象とする子どもの両親が海外ニュースへの関心が高いことがわかっているなど、

 

何を見て情報収集しているかの予測が立てやすい場合にはフォロワーターゲティングを使ってピンポイントなターゲティングができるTwitter(X)が向いています。

 

LINEはターゲティングの精度では他のSNSに劣りますが、国内で老若男女問わず非常に高い普及率を誇っていることからリーチを広げやすいことが強みです。ターゲティングをあまり細かく限定しない場合に力を発揮する媒体と言えるでしょう。

 

SNS広告はあくまでもそのSNSを利用しているユーザーが広告配信の対象となるため、本来アプローチしたいユーザーをすべてカバーできるわけではありません。

その点LINEは年齢性別を問わず普及していることから、中高生向けのサービスなど両親

 

SNS広告が表示されるシーンは必ずしもユーザーが何か調べものをしているわけではありませんので、温度感が低い状態であることを意識しておくことが大切です。

 

「塾や英会話を利用しようとはまだ考えていないものの、潜在的なニーズを持っている」ユーザーに対してアプローチをかけていく媒体です。

 

各SNSのユーザーの特性を理解する必要があるなどやや難易度が高めではありますが、リーチできるユーザーが多いので成功すれば非常に多くの成果を見込むことができます。

YouTube広告

YouTube広告とはYouTubeを利用して動画を見ているユーザーに対し、動画の前や途中に挟み込む形で広告を表示できるものです。

 

YouTubeの利用者はここ数年で急激に増加しており、かつ利用者の層も広いことからテレビCMに近い形で幅広く広告アプローチをかけることが可能になっています。

 

テレビCMと連動させる形でキャンペーンを実施したり、他のWeb広告と組み合わせて接触の機会を増やしたりと、工夫次第でいろいろな施策を打つこともできます。

 

教育系商材は日用品など日頃手に取るものと異なり検討のために必要な情報が多い商材ですので、たくさんの情報を伝えることができる動画は商材についての深い理解を得るために向いていると言えます。

 

YouTubeの利用シーンとしてはSNSと同じくユーザーが何か調べものをしているとは限りませんので、ユーザーの温度感は低い状態にあると考えておきましょう。

 

YouTube広告には大きく分けて2つの形式があり、スキップ不可の6秒以内の動画広告と再生開始から5秒経つといつでもスキップできる長尺の動画広告が配信できます。

 

スキップ不可の短い広告は認知拡大、スキップ可能な長い広告は行動促進を目的に配信されることが多いですが、

 

スキップ可能な広告はユーザーに「この広告に興味がない」と判断されてしまうとすぐにスキップされてしまい、せっかく長い動画を作ってもほとんど見られないということになりがちです。

 

動画広告の尺の長さに関わらず、冒頭の数秒間でユーザーの興味を惹いて広告を見てもらえるような工夫が必要でしょう。

 

また、教育系商材はユーザーの検討期間が長めになりやすく、動画広告だけで購買行動に至ることはあまり多くありません。

 

まずはランディングページを見てもらったり、他の広告と組み合わせるなどして深い理解を得ることを目指しましょう。

MEO

MEOとはGoogleマップを活用した集客を最適化する施策です。

塾や英会話教室は、完全オンラインでサービスを提供していない限り必ず教室に足を運ぶものです。

 

通いやすさや距離を確認するためにGoogleマップを利用して検討するユーザーは多く、「Googleマップで見つけやすい」ことは非常に大切です。

 

Googleマップに情報を載せることは無料でできますので低コストで成果を上げられるのも大きなメリットでしょう。

 

MEOを実施するためにはまずGoogleビジネスプロフィールのアカウントを作成して教室の情報を記入します。

 

その際に「ユーザーはどんなキーワードで教室を探すのか」を意識してそのキーワードを盛り込むようにするとGoogleマップ上で見てもらいやすくなり集客効果が高まります。

 

またGoogleマップでは写真を掲載することもできますので、教室の雰囲気がよくわかる写真を掲載するようにしましょう。

光がよく入った明るい写真や、整然としていて清潔感のある写真などが有効です。

 

「いい写真が撮れないから」と写真を一切載せていないと、ユーザーにとっては判断材料が得られないためそもそも選択肢に上がらない可能性があることに注意しましょう。

 

また、教育系商材のように利用してみるまで効果がわからない商材は第三者によるレビューを参考にして選ぶユーザーがとても多いためGoogleマップで表示されるレビューはとても重要です。

 

評価が高いことはもちろん大切ですが、レビューの件数が少ないとユーザーとしては判断材料に乏しいと感じやすくなってしまうためレビューを多く集めることでユーザーからの信頼に繋がります。

 

レビューが集まらない場合は既存顧客に書き込みの協力を依頼しつつ、ただ依頼するだけでなくお礼を用意してレビューが集まりやすい仕組み作りをしていきましょう。

 

MEOは無料で始められることから広告を打つよりも低コストで効果が出る施策ですので、まだ取り組めていない方は積極的に取り組んでみるといいでしょう。

まとめ

学習塾や英会話教室などの教育系商材の集客について解説してきました。

 

教育系商材は他の業界にはない集客の難しさが多くありますが、競合が実現できていないポイントを押さえることができれば大きく集客を増やすことができる可能性があります。

いま集客に悩んでいて困っているという方は今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

 

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

Zokujin 編集部
この記事を書いたのは
Zokujin 編集部

デジタルマーケティングで役に立つ情報をわかりやすく伝えるコラム。 Zokujinコラムの編集部
     
\お役立ち情報満載!/
Zokujinについて聞く!