【暴露】遺品整理でおすすめのネット集客手法|具体的なコツも

Google広告
遺品整理でおすすめのサイト集客手法具体的なコツもご紹介.png

遺品整理業は、需要も増えていますが新規参入事業者も増加している業界です。その分集客が難しい業界とも言えます。

 

不動産管理会社の紹介などで集客が安定している企業もあると思いますが

 

今回は自社のWebサイトを利用して集客する際のおすすめの集客手法とその具体的なコツを紹介します。

おすすめ手法① リスティング広告

リスティング広告とは

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果上に表示される広告のことを指します。キーワードに基づいてターゲットを絞り込むことができ、効率的な広告展開が可能です。

 

クリック課金モデルの広告のため、無駄な費用が発生しづらく運用改善ができることが特徴です。

リスティング広告のメリットとデメリット

メリット1 検索している能動的なユーザーにアプローチができるから成果が出やすい

リスティング広告は、遺品整理業者を探しているユーザーに直接アプローチできるから他の集客手法よりも特に成果が出やすい集客手法と言えます。

 

なぜなら、リスティング広告は広告を表示させるキーワードを絞ることができ、かつ、ユーザーが検索したタイミングで広告を出すことができるからです。

 

例えば「遺品整理業者 新宿区」と検索してるユーザーは、新宿の遺品整理業者を探しているユーザーと考えられます。

この新宿で遺品整理業者を探しているユーザーに広告を表示することができたら問い合わせが来そうですよね?

 

このようにリスティング広告はユーザーが積極的に検索して遺品整理業者を探しているタイミングで広告を表示できるので成果が出やすい集客手法です。

メリット2 運用調整が可能なためより費用対効果を良くしていける

リスティング広告は、リアルタイムでのデータ分析と調整が可能です。これにより、費用対効果を徐々に改善していくことができます。

例えば、あまり成果が上がらないキーワードがあった場合はそのキーワードだけすぐに広告出稿を停止することが可能です。

 

このようにデータを見れば細かく費用対効果がわかるため最適な投資配分ができるため費用対効果を徐々に良くすることが可能です。

デメリット1 設定作業や運用のやり方を学習する必要がある

リスティング広告は、適切な設定と運用が必要です。これには一定の知識と経験が求められますので、初めての方はリスティング広告について勉強することが必要なので、一定の時間を費やす必要がある点はデメリットと言えるでしょう。

デメリット2 競合性も高くクリック単価が高騰している

特に遺品整理業界では、競合が多く、クリック単価が高騰する傾向にあります。なぜならリスティング広告のクリック単価はオークション性で決まっているからです。人気のキーワードは各社が上限金額を引き上げていくためクリック単価が高騰してしまう可能性があります。

 

遺品整理業のリスティング広告では、いかにクリック単価を下げるか、いかに問い合わせ率・入電率を上げるかが肝になります。

遺品整理のリスティング広告のコツ4選

コツ1 電話計測をキーワード単位で行う

電話計測をキーワード単位で行うことで、どのキーワードが問い合わせに繋がっているかを把握し、効果的なキーワードに予算を集中させることができます。

 

よくあるのは電話ボタンをタップしたらCVとカウントする方式ですが、電話タップしても電話しないユーザーは多く存在します。誤タップもありますし。

 

経験上ですが、電話タップしても多くて50%のユーザーが実際に電話かけてないことも多々ありました。

 

ちゃんと入電に繋がっているキーワードを把握し、費用対効果を見極めてリスティング広告を運用することは非常に大事です。

コツ2 広告文には地域の挿入機能{LOCATION}を必ず利用

広告文には地域の挿入機能を必須で利用しましょう。

 

地域の挿入機能{LOCATION}を活用するとクリック率が上がりクリック単価が下がり入電単価・問い合わせ単価が下がる可能性があります。

 

地域の挿入機能とは、設定したキーワードを検索したユーザーごとに、広告文の一部をユーザーの位置情報の地域に変えてくれる機能です。

 

例えば、もし自分が新宿で検索したら、以下のイメージになります。

広告文「新宿区の遺品整理業者なら〇〇」

もし自分が台東区で検索したら、以下のイメージになります。

広告文「台東区の遺品整理業者なら〇〇」

 

このようにユーザー自身の環境や求めている地域に近い広告文が出るためクリック率が高い傾向があります。絶対に利用してみましょう。

コツ3 役所系で広告を出さない

遺品整理をお願いする際などに役所に相談するユーザーがいるため、役所と間違えて電話をしてくるケースがございます。

 

基本的に役所では対応してくれない内容ですがどうすればよいかわからないユーザーが役所に相談するケースがあるため無駄クリックを発生させないために役所系のキーワードは除外しましょう。

コツ4 部分一致を活用

遺品整理業界では部分一致の活用もおすすめです。なぜなら、ユーザーは遺品整理系のキーワードだけでなく、片付け系や掃除系のワードで検索するユーザーもいるためです。なので、部分一致オプションを活用しより幅広い検索クエリに対応できるようにしましょう。

 

しかし、関連性の低い検索にも表示されることがあるため、定期的なキーワードの見直しや除外対応も重要です。

参考

もしこれから新規でリスティング広告をやろうと思っているけどどうしたら良いかわからないなどあればまずは無料で相談できますのでお気軽にご連絡してください。

 

また、代理店でリスティング広告をやってるけど上述したコツを利用していないなら今の代理店さんに一度もっとうまくやってくれないか相談してください。

 

改善しなさそうだったら代理店の切り替えも検討しましょう。弊社ではアカウント診断を無料で実施してますのでその診断を基に今の代理店さんに相談するのも良いでしょう。

 

問い合わせ・アカウント診断はこちらから

 

おすすめ手法② リスティング広告のLP改善

リスティング広告のLP改善とは

リスティング広告のランディングページ(LP)改善は、広告の成果を大きく左右する要素です。ですが、一度作ったらLPを改善しない広告主が結構多いです。CVRを高める要素としてLPは大きな影響があるため順次改善していきましょう。

 

ここでは、LP改善のコツをご紹介しますので参考にしてください。

リスティング広告のLP改善のコツ4選

コツ1 ファーストビューは重要

ランディングページのファーストビュー(FV)は、訪問者の最初の印象を決定づける重要な要素です。このエリアには、サービスに魅力を持ってもらうためのメッセージとビジュアルを配置することが重要です。遺品整理業の場合、信頼と安心を感じさせるデザインとメッセージが効果的です。

 

また、価格感を気にしているユーザーも多いので価格面などにも言及しましょう。

コツ2 信頼してもらうためのコンテンツを追加

遺品整理業は、特に信頼性が重視される業界です。そのため、ランディングページには、顧客の声や実績、認証マークなどの信頼性を示すコンテンツを追加することが効果的です。これにより、訪問者の信頼を獲得し、問い合わせや成約に繋げやすくなります。

 

実際のGoogleビジネスプロフィールの口コミを掲載するのも良いでしょう。

コツ3 ページスピードは早めに

ウェブページのロード速度は、ユーザー体験に直接影響します。特にモバイルユーザーは、速度に敏感です。ページスピードの最適化は、訪問者が離脱するリスクを減らし、SEOの観点からも重要です。

 

画像の最適化、キャッシュの活用、不要なJavaScriptの削減などにより、ページのロード時間を短縮しましょう。

コツ4 スマホファーストで

現代のインターネットユーザーの多くはスマートフォンを使用しています。そのため、ランディングページはスマートフォンでの表示に最適化されていることが重要です。

 

レスポンシブデザインを採用し、スマートフォンでの閲覧時にも快適なユーザー体験を提供することが求められます。また、スマホユーザーの操作性を考慮した設計、例えば大きなタッチターゲット、簡潔なナビゲーションなども重要です。

 

これらのコツを活用することで、リスティング広告のランディングページを効果的に改善し、遺品整理業における広告の成果を最大化することができます。

参考

もしLPに関する相談があれば個別相談で意見出しすることも可能です。お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ・アカウント診断はこちらから

おすすめ手法③ SEO

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンの検索結果で自社のウェブサイトが上位に表示されるように最適化する施策です。適切なSEO戦略を実施することで、ウェブサイトの可視性が高まり、より多くのユーザーにリーチすることが可能になります。

SEOのメリットとデメリット

メリット1  上位表示されたら費用が掛からずWebサイト訪問者が集まる

SEOの最大のメリットは、一度上位表示されると、追加の広告費用なしで継続的に訪問者を獲得できる点です。特に遺品整理業のような特定のニーズに応える業界では、検索エンジンからの訪問者は高いコンバージョン率を持ちます。

メリット2 広告と異なり資産になりやすい

SEOによって構築されたウェブサイトのランキングは、長期的なデジタル資産となります。一度構築されると、継続的なメンテナンスにより長期間にわたって価値を提供し続けます。

デメリット1 上位表示の難易度が高い可能性がある

SEOは非常に競争が激しく、特に遺品整理業のようなニッチな業界では、特定のキーワードでの上位表示を達成するのが難しい場合があります。

デメリット2 一度上位表示しても順位が下る可能性もある

検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しており、一度達成した高いランキングも保証されません。継続的なSEO対策が必要です。

SEOのコツ3選

コツ1 狙うキーワードを決める

まずは狙うキーワードをちゃんと決めましょう。遺品整理業においては、「遺品整理」「遺品整理サービス」「遺品処分」などの関連キーワードを狙うことが重要です。地域名を含めたローカルSEOも効果的です。

コツ2 1キーワード1ページで作ったサイトマップ

各ページが特定のキーワードに特化するようにサイトマップを構築します。これにより、検索エンジンが各ページのトピックを明確に理解し、適切な検索クエリに対してページを表示しやすくなります。

1ページでたくさんのキーワードから流入が取れれば最高ですが、そんなおいしいことはあまりないです。

コツ3 ページ内にはユーザーが気になるコンテンツを網羅的に追加する

ユーザーが遺品整理に関して持つ疑問や悩みに答えるコンテンツを提供します。サービスの詳細、料金体系、遺品整理のプロセス、よくある質問など、ユーザーが求める情報を網羅的に提供することで、ページの滞在時間を延ばし、検索エンジンに価値あるコンテンツとして評価されやすくなります。

 

これらのSEO戦略を適切に実施することで、遺品整理業のウェブサイトは検索エンジンでの可視性を高め、より多くの潜在顧客にリーチすることが可能になります。

おすすめ手法④ MEO

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)は、Googleマップやローカル検索結果において、ビジネスの可視性を高めるための最適化手法です。特に地域密着型のビジネス、例えば遺品整理業にとって、MEOは極めて重要なマーケティング戦略となります。

MEOのメリットとデメリット

メリット1 費用が掛からずGoogleビジネスプロフィールの閲覧者が増える

MEOの最大のメリットは、追加の広告費用なしでGoogleマップやローカル検索結果において高い可視性を得られることです。これにより、地域に根差したビジネスへのアクセスが増加します。

メリット2 広告と異なり資産になりやすい

SEOと同様にGoogleビジネスプロフィールの最適化は、長期的なデジタル資産を構築することに繋がります。一度設定を行い、適切に管理することで、継続的な効果を期待できます。

デメリット1 上位表示の難易度が高い可能性がある

地域によっては競合が多く、特に人口密集地域では上位表示することが難しい場合があります。

デメリット2 一度上位表示しても順位が下る可能性もある

Googleのアルゴリズムの変更や競合他社の活動により、一度得た高いランキングが下がる可能性があります。継続的な最適化とモニタリングが必要です。

MEOのコツ

コツ1 設定できる情報は設定する

Googleビジネスプロフィールには、可能な限り多くの情報を提供します。営業時間、連絡先、サービスの詳細、写真など、顧客が知りたいと思う情報を網羅的に掲載しましょう。

コツ2 キーワードを意識したBusiness名に

ビジネス名には、遺品整理業に関連するキーワードを含めることが有効です。ただし、Googleのガイドラインに違反しないよう注意が必要です。

コツ3 口コミを書いてもらうように

顧客からのポジティブな口コミは、MEOにおいて非常に重要です。満足した顧客に積極的にレビューを依頼し、定期的にそれらを管理しましょう。

コツ4 複数エリアでの拠点があると尚良し

複数の地域に拠点がある場合、それぞれの地域でGoogleビジネスプロフィールを最適化することで、より広範囲にわたる可視性を確保できます。

 

MEOは、遺品整理業において地域密着型のサービスを提供する上で欠かせない戦略です。これらのコツを活用し、地域コミュニティ内でのビジネスの存在感を高めましょう。

参考

弊社ではSEO・MEOなども支援可能ですが、キーワード(エリア)難易度・予算的に難しければその旨を赤裸々にお伝えしております。

 

ですが、SEO・MEO状況を調査し、現実的かどうかお調べすることは可能ですのでお気軽にご連絡ください。

問い合わせ・無料現状調査はこちらから

まとめ

いかがでしょうか?遺品整理業は参入障壁は低いですが集客は簡単とは言えません。ですが、不動産管理会社や他機関からの紹介頼りから脱却・リスク分散するには自社サイトでの集客は重要な施策と言えるでしょう。

 

ぜひ本記事が参考になれば幸いです。

運用型広告のコンバージョン獲得・増加なら
すべてZokujinにお任せください。

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • コンバージョンが獲れない

  • コンバージョンが増えない

  • Web広告を始めたいけどどこにお願いしよう

norihisa kimura
この記事を書いたのは
kimura norihisa

デジタルマーケティング

Web広告代理店(東証二部)にて数十社以上のコンサルティングを経験。現在は上場企業を含む企業のマーケティングのコンサルティング業務を担当。マーケティング上流から広告運用などの実務部分まで得意とする。