リスティング

【必見】リスティング広告会社選ぶポイント10選

リスティング広告会社の選び方10選

リスティング広告を依頼する場合、どんなリスティング広告会社に依頼するかによって成果の良し悪し、取引のしやすさなど大きく変わってきます。未だに質の悪い業者もあるのが実情です。

これからリスティング広告会社に依頼をする方向けに、リスティング広告会社の選び方10選をご紹介いたします。本記事をご覧いただき、失敗のないリスティング広告会社探しを行って頂ければと存じます。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに連動して広告が表示される広告です。 顕在層に広告を表示できるためすぐに成果があがりやすく、マーケティング手法の王道の施策となっています。

リスティング広告掲載場所

日本では、Google 広告やYahoo!広告(旧称:Yahoo!プロモーション広告)が代表的となります。 Google広告とYahoo!広告どちらでも同じようにリスティング広告を出稿できますが、最大の違いは掲載先です。

Google広告の場合はメインはGoogleの検索結果ページと提携サイト上、 Yahoo!広告の場合、メインはYahoo!JAPANの検索結果ページと提携サイト上に広告を出稿することが可能となります。

また、GoogleとYahoo!でも利用ユーザー層に違いがあるため、 広告する商品によって、Google広告の方が成果が良いことや、Yahoo!広告の方が成果が良いことがあります。

課金形式は広告がクリックされると費用が発生する仕組みとなり、 興味がない人=クリックしないと考えると無駄な費用がかかりにくい広告です。

SEOとの違いは?

リスティング広告とSEOの違いは大きく2点です。

掲載者にとって有料か無料か

自然検索は広告ではないためサイト上に表示されたり、クリックされたりしても費用が一切かかりません。 リスティング広告はクリック課金制度を採用しており、広告がクリックされるたびに費用が発生します。

コントロールがしやすいか、しにくいか

リスティング広告は、キーワードの入札価格や広告の品質によって広告順位付けられて表示されるため、 費用を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが可能です。

一方SEOは、検索エンジンのアルゴリズムによって順位付けられて表示される自然検索枠です。 上位に表示させるためには、検索ユーザーが満足するような情報を提供している、 という検索エンジンからのお墨付きをいただく必要があり、 費用をかければ上位に表示できるというものではないのです。

昨日まで上位に表示されていたのに、今日は順位が急激に下がってしまった。ということもあります・・・。

リスティング広告のメリット

顕在層に広告を表示することができる

検索という行動は、その検索キーワードに関する情報を知りたい・買いたい・使いたいという気持ちが裏側に存在します。かつ、その気持があるタイミングに広告を表示することができるため、広告を表示させるタイミングも良いのがリスティング広告の特徴です。

既にニーズがあり、タイミングも合っている人に対してだけ広告を出すことができるため、高い広告効果が期待できる施策です。

すぐに広告出稿ができる

最短当日中にでも、広告出稿ができてしまうスピード感もリスティング広告の大きなメリットです。広告のクリックした飛び先のウェブページさえあれば、Google広告やYahoo!広告に登録してキーワードの設定や広告文を作成し、広告審査が通ればすぐに出稿することが可能です。

各種設定を済ませたら、対象のキーワードで検索結果の上部に表示させることができるため即効性が高く、スピード感をもって集客していきたい方には非常におすすめの施策となります。成果が悪ければすぐに全ての広告出稿を止めることも可能です。

リアルタイムで数値が確認でき、費用対効果を改善していくことが可能

各検索エンジンが提供しているリスティング広告は、管理画面からリアルタイムの現状(数値)を把握することができ、キーワードごとの表示回数、クリック数やクリック率、コンバージョン数など詳細まで確認できます。

そのため成果の良いキーワードだけ入札価格を上げ、表示回数・クリック数を増加させ、費用対効果が悪いキーワードは入札価格を下げたり削除し、成果の良い部分に費用を寄せ費用対効果を上げる改善をデータをもとに柔軟に改善できる施策となります。

リスティング広告のデメリット

費用がかかる

リスティング広告はクリック課金なので、広告出稿量を増やせば増やすほどクリック数が増え費用も増加します。検索される頻度の多いキーワードを設定してしまったり、細かな設定ミスが発生してしまうと、

多額の費用を広告費として使用してしまう可能性もあります。SEOは上位に表示することは難しく時間がかかるものですが、クリックされても費用は掛かりません。

リスティング広告に依存してしまう

リスティング広告は出稿後、クリックされ続けるかぎり費用が発生する施策です。逆に言うと、リスティング広告を辞めた時にはウェブページに訪れるユーザーがいなくなり、リスティング広告経由で発生していた売上が減少してしまいます。そのためリスティング広告以外にも売上につながる集客経路を作っておくことがおすすめです。

手間がかかる

広告を出稿するまでの設定は簡単なのですが、広告を出稿して終了ではなく、細やかな運用を行い改善を行うことが最重要になるのがリスティング広告です。 キーワードの入札単価の調整、除外キーワードの設定、広告文の入れ替えなどデータを基により良くするための改善が必要になります。

この成果を出すために日々数値に向き合い、PDCAを回していくことは初めてリスティング広告を出稿する方にとっては非常に労力がかかる部分となります。

リスティング広告会社の選び方10選

リスティング広告の選び方10選

上述した通り、細やかな運用を行うことが重要なリスティング広告。時が進むにつれて新機能などテクニカルな要素もあります。自分たちで運用することは難しいなと感じた方は、 リスティング広告会社に広告運用を代行することも、スピード感を持って成果を出すためにはとても良い手段です。

ただ、リスティング広告の運用代行会社も世の中にたくさんあります。 優秀な会社にお願いできれば一番良いのですが、中には成果を出せない優秀じゃない会社もあります。成果を出せない会社に運用を代行しても意味がありませんよね・・・?

そのため、リスティング広告運用代行会社の選ぶポイント10選をご紹介します。 こちらを事前に把握した上で、失敗のないリスティング広告運会社探しを行ってください!

✔ 御社のビジネスモデル・状況を理解しているか

KPIはしっかり達成してくれるが、KGIまでは考えてくれない。このような不満をお持ちの広告主がたくさんいます。 KPIは達成しててもKGIを達成できていないと御社のビジネスとしては成り立たないと思います。

例えばCV(無料会員登録)はたくさん穫れるが、その先の有料会員にはつながらないキーワードに費用を寄せてしまう。 このようなリスティング広告会社だと、広告管理画面上で見えるKPIの数値しか見ずに運用を行うため、KPIのその先の数値は最適化が図れません。

その結果「リスティング広告は費用対効果が合わないから辞める」なんてことになってしまうこともあります。本当は費用対効果を合わせることが可能なのに、KPIしか見ていない運用のためリスティング広告が費用対効果が合わない施策だと判断してしまう。

これはもったいないですよね。そうではなく、ビジネスモデル・御社事業の方向性などを理解し、KPIのその先のKGIまで最適化を図れるリスティング広告会社を選びましょう。

✔ PDCAをしっかりと回せるか

日々数字に向き合いPDCAを回すことが非常に重要なのがリスティング広告です。それなのに、現状の数値が把握できていなかったり、現状の数値を基に次の改善策がないリスティング広告会社は、自分たちが楽をしようとしているように思えてしまいます。

実際に定例会では数値の報告のみで、次の改善策の提案がないということが多々あります。それではレポートの数値を朗読しているだけで、PDCAを回せているとは言えません。そのため、提案を受ける段階でしっかりPDCAを回せるかを見極める必要があります。

実際に取引してみないとわからない領域のため、PDCAを取り組み前に見極めるのは非常に難しいのですが、 以下2点を確認して、見極めてください。

① 提案内容に運用方針が入っているか
提案内容に運用方針がなくリスティング広告の紹介のみだけだと、場当たり的にリスティング広告を運用されてしまう可能性があります。どのような戦略・戦術を設計し運用していくかを提案段階で提案してくれるリスティング広告会社は未来をみて全体設計をしているため、しっかりとPDCAを回せる会社と思えます。

② 実際の他顧客への報告書を確認
報告書をみて、他の顧客にどのような報告を行っているかを確認するとPDCAの回し方が見えてきます。例えば、定例の報告書に改善案の提案があるか。

リスティング広告会社が開示してくれる範囲にはなりますが、週次報告などのやり取りに改善の内容が入っているかなど、実際のやりとりに改善案があるか確認をするだけでもリスティング広告会社選びの失敗する確率を下げることが可能です。

数値だけしかない報告書などは要注意のため具体的にどのような改善案を提案したかなど深堀って質問をしてください。

✔ 顧客窓口担当が優秀か

リスティング広告会社の営業担当(顧客窓口担当)が優秀かどうかで広告の成果が変わります。 なぜならば、リスティング広告会社の営業担当とはプロジェクトの舵切り役だからです。プロジェクトの舵切り役の営業担当が、御社のビジネスモデル、事業方針を理解した上で、成果が上がる方向へ導けるかが重要となります。

リスティング広告会社の社内では、リスティング広告の運用者と営業担当が別れているケースがあります。基本的には営業担当が御社の窓口として日々のやり取りやコミュニケーションを行い、営業担当が御社のビジネスモデル事業方針を理解した上で導きたい方向性を決め、広告運用者と連携して広告運用を行っていきます。

そのため、御社を理解し進む方向を決める営業担当が、しっかりと御社のことを理解できておらず、導く方向を間違えてしまうと求めている成果もあがらないのです。

もちろん、広告運用者が優秀かも重要ですが、御社のことを理解し広告運用社に通訳するのは営業担当のため、御社の要望、方向性などをしっかりと理解し通訳してくれることが第一に重要です。優秀な広告運用者でも方向性が誤っていると御社が求めている成果を出せなくなってしまいます。

✔ 広告管理画面の共有が可能か

リスティング広告を実施する際、Google広告・Yahoo!広告どちらも御社用の広告アカウントの開設が必要となります。この管理画面というものは、広告運用者がキーワードを入稿したり、入札単価の調整、予算配分のコントロールなどを実際に行うものです。

その管理画面を御社でも閲覧が可能か?という点がポイント。理由は、透明性を担保するためです。極端な話ですが、報告書のみでの報告だと数値をいじることも可能ですし、変更履歴を見ることも可能なのです。

また、しっかり運用しているのかもわかるため、管理画面の共有を受けることでリスティング広告会社と良い緊張感を持って取引することが可能です。

中にはノウハウが広まってしまうから共有できない。という会社もありますが、透明性の担保・良い緊張感のある取引にするためにも、管理画面の共有が可能な会社がおすすめです。

✔ 上限予算まで使い切るか

多くの会社は最低発注金額を設けています。費用対効果が合っていないのに広告費を最低発注金額までは使用しなければいけない。などの縛りがあるか事前に確認しましょう。

費用対効果が合っていないのに契約条件のせいで広告垂れ流しは避けたいですよね・・・。費用対効果が合っていないのであれば最低発注金額まで使い切らなくても良いような、御社思いのリスティング広告会社と取引することを推奨します。

広告配信金額に伴いリスティング広告会社の営業担当や運用担当の成績が上がる企業がほとんどだと思います。自分の成績のために費用対効果は合っていないが広告は垂れ流しにするような企業・担当は、この先ずっと自分主体の仕事をするでしょう。

そもそも費用対効果が合わない時点で少々問題もあるかも知れませんが、今費用対効果が合っていなくても費用対効果を合わせるために、どのような改善を行うか次第では、費用対効果を合わすことができる可能性もあります。

✔ 担当者のリソース状況

営業担当者・広告運用者が現在どのくらいの広告主を担当しているか?を事前に把握しましょう。営業担当者・広告運用者がどこまで手厚く対応することが出来るのかの目安となります。

仮に100社対応している担当者だとあまり手厚く対応はしてくれないでしょう。目安は、10〜15社以下と考えると良いでしょう。ただ、社数だけでは一概に把握できない部分もあるため、どれくらいの予算規模かも確認できると良いかと思います。

基本的には予算額が多ければ多いほど手厚い対応をする必要が発生するため、予算規模が大きな案件ばかり対応しているのであれば5社以下が目安になるかと存じます。

✔ リスティング広告以外の提案もあるか

リスティング広告を実施する理由は、売上を上げる・CVを獲得するという目的が多いかと思います。そのため、売上が上がれば・CVが獲得できれば、広告の種類はリスティング広告以外でも良いのです。

例えばサイトを改善してCVRをあげましょう・Facebook広告もやろう!など、御社の要望にあった提案をどしどしくれるところに頼みましょう。ベターなのは、御社から要望を言わなくても提案してくれる会社です。

とはいえ、発注後新しい提案をくれるかどうかは、取引してみないとわからない部分ではあるので、こちらも事前に少しでも把握するために、他顧客への報告書などに、新規施策の提案があるかなども見てみましょう。

✔ スピード感があるか

対応面に、スピード感を持っているかを見極めましょう。 日々の改善を行いPDCAを回すことが必要なリスティング広告ですが、PDCAを回すスピードによって、より効率よく費用対効果を上げることが可能です。

成果が悪い状態で広告出稿を行う期間が短くなり、成果悪い状態で使用する費用が少なくなるためです。

スピード感の見極め方は
・問い合わせ後の連絡が早い
・問い合わせから商談の日程が1週間以内
・初訪問時から提案までの日数が早い
・入稿作業や各種作業項目の対応日数を確認

遅くてプラスなことはないのでリスティング広告会社の選定段階でスピード感を確認しましょう。

✔ 認定代理店・資格などには騙されないように

Google・Yahoo!からの認定代理店や、Googleが用意しているテストを受けると認定資格を獲得できる制度があります。もちろん、認定代理店や資格をもっていることにデメリットはないのですが、そこだけで判断をすることはしてはいけません。

認定代理店も資格保有者も多数存在するのが実情のためです。むしろ、認定代理店や資格をもっていなくともとても優秀な会社や担当者がいることも多々あります。

✔ 運用手数料は妥当か

リスティング広告会社への手数料は、広告配信費の10%〜25%という契約ががよくある形となります。それなら、安いほうが良いと思われる方もいらっしゃると思いますが、手数料が安いからとリスティング広告会社を決めてはいけません。

安くても成果をあげられないのであれば、依頼している価値がないためです。正直安い手数料で発注だけもらい実際には運用せずほとんど放置しているだけのリスティング広告会社もいまだに存在します。そのため手数料の範囲で何をどれくらいまでやってくれるかを提案段階でしっかりと確認しましょう。

最後に

リスティング広告会社の選定に失敗してしまうと、また他の会社を探したり、イチから御社の状況の説明などを行うことになってしまいます。できるだけ質の良い業者探しを行い、御社のパートナーとして一緒に仕事ができる会社を見つけ、成果を上げることが一番良いと思います。ぜひ本記事を参考に素晴らしいパートナーを見つけていただけたら幸いです!

Zokujinではご要望に沿った
優秀な営業担当をご紹介しております

広告代理店選びならZokujin

こんなお悩みがあればご相談ください!

  • 広告代理店の選び方がわからない
  • 今より良い広告代理店にしたい
  • 優秀な営業担当に担当してほしい